KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所研究叢刊  58
近世東アジアにおける口語中国語文の研究
-中国・朝鮮・日本-

奥村佳代子 著

判 型 A5判
ページ 378頁
定 価 本体 2,100円+税
ISBN 978-4-87354-699-5
分類コード C3087
刊行年月 2019年3月
 
中国、朝鮮、日本には、それぞれ話し言葉として記述された資料群がある。話されたように書くことが意識された中国語とは、どのような特徴を持ち、また資料によってどのような違いが見られるのだろうか。唐通事の会話テキスト、中国档案資料の供述書、備辺司の問情別単等の資料を用い、話し言葉と書き言葉の境界を考察する。

目 次
 序
 前 言
 序 論 近世東アジアにおける口語体中国語
 本 論 近世日本における口頭中国語「唐話」の世界
  第一編 江戸時代における口頭中国語の受容
  第二編 岡島冠山と唐話
  第三編 唐話と白話
 結 論
 あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。