KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  杜甫詩文集の形成に関する文献学的研究

長谷部剛 著

判 型 A5判
ページ 296頁
定 価 本体 2,100円+税
ISBN 978-4-87354-694-0
分類コード C3098
刊行年月 2019年3月
 
中国最大の詩人、杜甫の詩文集については、その死後三百年を経て成立した『宋本杜工部集』が現存する唯一完全なテキストであり、杜甫詩人の自筆テキストは現存しない。本書は中国文献学の知見・研究手法を取り入れ、「杜甫生前、そして死後、彼のテキストはどのように筆写され流通したのか」という問題についてその解明を試みたものである。

目 次
 凡 例
 第一部 本論
  第一章 唐代における杜甫詩集の集成と流伝
  第二章 『宋本杜工部集』・『文苑英華』所収杜甫詩文の異同について
  第三章 『文苑英華』からみた唐代における杜甫詩集の集成と流伝
  第四章 宋代における杜甫詩集の集成と流伝
  第五章 『宋本杜工部集』の成立
 第二部 各論
  第一章 杜甫「兵車行」と古樂府
  第二章 杜甫「江南逢李龜年」の唐代における流伝について
  第三章 『諸名家評本錢牧齋註杜詩』所載李因篤音注について
 初出一覧
 あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。