KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  持続的な学びのための大学授業の理論と実践

安藤輝次 著

判 型 A5判
ページ 188頁
定 価 本体 1,800円+税
ISBN 978-4-87354-667-4
分類コード C3037
刊行年月 2018年2月
 
人工知能やIoTが進展する中で、学生が学びを持続的に展開する大学授業が求められている。アクティブ・ラーニングだけでは、学生に深い思考は育たない。ルーブリックの学習促進機能を活用して、学びの出来・不出来を明らかにし、不出来を出来るようにする“フィードバック”の方法・技術にその解決の方途がある。

目 次
 はじめに
 第1章 アルバーノ大学の一般教育カリキュラムの改革
 第2章 アルバーノ大学の教員養成カリキュラム
 第3章 ルーブリックの学習促進機能
 第4章 持続可能な評価の方法論
 第5章 持続可能なフィードバックの方法
 第6章 ルーブリックを活用した初年次のレポート指導
 第7章 ルーブリックによる文章表現の評価学習法
 第8章 掲示板を活用した学生による評価と学びの連動
 第9章 インターネットによるルーブリック導入法
 おわりに
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。