KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  戦後日本の資本利益率格差

佐藤 真人 著

判 型 A5判上製
ページ 380頁
定 価 本体 5,500円+税
ISBN 978-4-87354-635-3
分類コード C3033
刊行年月 2016年3月
 
資本主義的調整機構として広く受入れられている価格機構、あるいは「需要と供給の法則」は、利潤率格差と資本移動を考慮しないと不十分との観点から、戦後日本の利潤率、資本利益率の資本金規模別、及び産業部門間格差を資本蓄積との関係で観察、分析し、資本主義的調整過程の順調でないことを主張。

目 次
 序
 第1章 戦後日本の利潤率格差
 第2章 サービス業の利潤率格差
 第3章 サービス業の営業利益率格差
 第4章 戦後日本の資本蓄積と資本利益率格差
 第5章 資本蓄積と負債比率
 第6章 資本蓄積と付加価値の費用構成
 第7章 営業利益と営業外収支
 第8章 景気循環局面における資本蓄積と資本利益率
 第9章 戦後日本の資本蓄積と労働分配率
 第10章 戦後日本の資本蓄積と内部留保
 後 書
 索 引
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。