KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学経済・政治研究所研究双書  第163冊
市民マラソンがスポーツ文化を変えた

亀井克之・杉本厚夫・西山哲郎・増田明美・尾久裕紀 著
吉田香織・打越忠夫 協力

判 型 A5判
ページ 184頁
定 価 本体 1,500円+税
ISBN 978-4-87354-648-3
分類コード C3075
刊行年月 2017年3月
 
2007年の第1回東京マラソン開催以来、「市民マラソン」がブームとなっている。本書は「スポーツ文化」をキーワードに、この社会現象にアプローチする。地域振興型マラソンのいすみ健康マラソンの事例、都市型マラソンとしての大阪マラソン、マラソン大会のリスク管理、新たなアスリート支援の可能性、スポーツ文化を軸にした広範なディスカッションを盛り込む。

目 次
 はしがき
 第1部 「市民マラソンと地域社会」
  第1章 地域振興型マラソン大会の可能性
  第2章 市民マラソンは都市を活性化するか
   1 はじめに
   2 マラソンブームの歴史的背景
   3 市民マラソン5つの誘因
   4 おわりに
 第2部 「市民マラソンのすがた」
  第3章 リスクマネジメントの視点から見た市民マラソン
   1 はじめに
   2 リスクマネジメントの基本的な考え方
   3 マラソン大会におけるリスクマネジメント・安全管理
   4 事例:いすみ健康マラソンにおける安全管理
   5 おわりに
  第4章 市民ランナーの星はいかに誕生したか
 第3部 「ディスカッション」
  第5章 「スポーツ文化から2020を考える」
 あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。