KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  日本的リスクマネジメント理論の現代的意義
-亀井利明最終講演の記録-

羽原敬二
亀井克之 編著

判 型 A5判
ページ 182頁
定 価 本体 1,500円+税
ISBN 978-4-87354-640-7
分類コード C3034
刊行年月 2016年10月
 
日本におけるリスクマネジメント理論の始祖・亀井利明(2016年1月没)が2015年に行ったユーモアと毒舌あふれる最終講演の記録。羽原敬ニによるリスクマネジメント概説や亀井利明の研究の歩みなども収録して、さまざまな角度から日本的リスクマネジメント理論の過去・現在・未来を学習できる書物。

目 次
 序 文
 本書の内容と意義
 第一部 日本的リスクマネジメント理論のあゆみ
  第1章 海上保険論からリスクマネジメント論へ
  第2章 日本型リスクマネジメント理論の確立と発展
 第二部 日本的リスクマネジメント理論の現代的意義
  第3章 心の危機管理とソーシャル・リスクマネジメント
  第4章 リーダーシップと危機突破
  全体ディスカッション
  補章1 亀井利明講演「財政危機突破と忠臣蔵」
  補章2 亀井利明名誉教授の公の場における最後の発言
 第三部 日本的リスクマネジメント理論の概要
  第5章 リスクマネジメントシステムの概念と構築
 随想・講演でたどる亀井利明氏の足跡
 亀井利明氏研究の歩み
 亀井利明 主要著作目録
 日本におけるリスクマネジメント研究の展開
 亀井利明 略歴
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。