KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  アクティブラーニングのための学習評価法
-形成的アセスメントの実践的方法-

シャーリー・クラーク 著
安藤輝次 訳

判 型 A5判
ページ 236頁
定 価 本体 4,000円+税
ISBN 978-4-87354-629-2
分類コード C3037
刊行年月 2016年3月
 
ご好評につき、第3刷刊行!
アクティブラーニング+学習評価=深く思考・判断する学習。教師だけでなく子どももアクティブラーニングの評価に関わることによって、思考・判断が深まる。そのポイントは、このような学びになればよいという“成功規準”を子どもと一緒に創ることである。そうすれば、小集団やペアなど子ども同士の学びと評価もうまくいく。

目 次
 はじめに
 第1部 形成的アセスメントの背景
  第1章 形成的アセスメントの定義とその必要性
 第2部 授業の文化と構造
  第2章 学習文化における形成的アセスメントの精神
  第3章 計画段階で子どもを巻き込む
  第4章 話し合いパートナー
 第3部 授業展開の方法
  第5章 発問と活動
  第6章 学習目標と成功規準
  第7章 優秀性の開発:書き方の成功規準を越えて
  第8章 授業中の問いかけ
  第9章 フィードバック
  第10章 学習のまとめ方
 解 説 教育実践から生み出したクラークの実践的方法
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。