KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所資料集刊  37
重野安繹における外交・漢文と国史
-大阪大学懐徳堂文庫西村天囚旧蔵写本三種-

陶 徳民 編著

判 型 A4判上製
ページ 258頁
定 価 本体 6,000円+税
ISBN 978-4-87354-608-7
分類コード C3021
刊行年月 2015年3月
 
幕末の昌平黌で「天下の才子」の名声を博した詩文掛、薩英交渉で知性と胆力と示した若いサムライ外交家、「抹殺博士」と呼ばれる徹底的実証主義史学者、東京大学史料編纂所の前身たる修史機構の責任者および史学会の創始者、近代日本の文学博士第一号、帝国学士院の幹事。そのような大家の原像を知る手掛りとなる秘蔵の写本三種およびその解説。

目 次
 序
 はじめに
 本編 大阪大学懐徳堂文庫西村天囚旧蔵重野安繹関係写本三種
  解説 転換期における重野安繹の思想を記録した貴重な文献 ―西村天囚旧蔵写本三種について― (陶徳民)
  (一) 『横濱應接記』
  (二) 『漢文講義』
  (三) 『先師國史講演草案』(『大日本歴史略説』)
 補編 重野安繹の生涯事蹟に関する資料と論文
 図版の所蔵者・提供者について
 あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。