KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  ソーシャルワーク実践における社会資源の創出
-つなぐことの論理-

狭間香代子 著

判 型 A5判
ページ 184頁
定 価 本体 2,500円+税
ISBN 978-4-87354-623-0
分類コード C3036
刊行年月 2016年2月
 
ご好評につき、第2刷刊行!
社会資源創出のためにソーシャルワーカーが実践で担う役割に関する質的調査を通して、「つなぐ」というソーシャルワーク機能の重要性が導き出された。「つなぐ」機能の基盤で働く論理と理論的知識の基底にある論理との相違に焦点化することで、ソーシャルワーク実践における「つなぐことの論理」について新たな視座から論じている。

目 次
 はしがき
 第1章 環境のストレングスと社会資源の創出
 第2章 基幹相談支援センターの機能と役割
 第3章 基幹相談支援センター相談員の社会資源創出プロセス
 第4章 ジェネラリスト実践におけるエンパワリングアプローチと社会資源の創出
 第5章 社会資源の創出とつなぐ役割
 第6章 社会資源の創出とつなぐことの論理
 あとがき
 索 引
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。