KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所研究叢刊  51
東アジア言語接触の研究

沈 国威
内田慶市 編著

判 型 A5判上製
ページ 448頁
定 価 本体 4,000円+税
ISBN 978-4-87354-622-3
分類コード C3087
刊行年月 2016年2月
 
漢字、特に近代以降の漢字新語、訳語の創出、普及に関する最新研究。翻訳論、文体論から漢字訳語の造語法、新漢語の語構成、「牛津」「剣橋」「恋愛」「難民」などの個別語誌まで多角度からアプローチし、近代語形成の諸問題を漢字文化圏における言語接触・語彙交流というバックグランドにおいて考察する論文集である。

目 次
 序
 序説:言語接触研究の過去・現在・未来
 近代漢字訳語の研究について
 ロプシャイト英華字典と英和対訳袖珍辞書
 意訳地名「牛津」「剣橋」の発生と消長
 近代訳語「恋愛」の成立とその意味の普及
 七曜日における伝統から近代への軌跡
 「難民」とフィルモア大統領国書の翻訳
 近代韓国語における外来の新語新概念の導入について
 「世界史地」と「国際法」知識及び近代東アジア
 漢訳聖書における音訳語の継承と創造
 西洋料理と近代中国語
 『唐話纂要』の不均質性
 語構成パターンの日中対照とその記述方法
 日中二字法律用語の語構成特徴にみえる影響関係
 現代中国語にどれくらいの日本借用語があるのか
 国字(日本製漢字)と誤認されてきた唐代の漢字
 あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。