KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所訳注シリーズ  18
神話から神化へ
-中国民間宗教における神仏観-

劉 雄峰 著
二階堂善弘 監訳

判 型 A5判
ページ 228頁
定 価 本体 2,900円+税
ISBN 978-4-87354-618-6
分類コード C3014
刊行年月 2015年12月
 
中国の明清時代には、宝巻を信仰の中心にすえる民間宗教が次々に起こった。これまで歴史的な研究が多かった民間宗教を、その信仰理論面から考察したものが本書である。

目 次
 要 旨
 Abstract
 導 論
 第一章 明清民間宗教の神仏の系譜
 第二章 明清民間宗教の神話理論
 第三章 明清民間宗教の救済観念
 第四章 明清時期民間宗教の倫理思想
 結 語
 参考文献
 後 書
 訳者あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。