KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  関西大学東西学術研究所研究叢刊  29
明清期における武神と神仙の発展

二階堂 善弘 著         【在庫僅少】

判 型 A5判
定 価 本体 2,200円+税
ISBN 978-4-87354-465-6
分類コード C3014
刊行年月 2009年2月
 
現在の中華圏で祀られる神々は、明と清の時代にわたってその信仰を発展させてきたものが多い。本書では、【ナ】咤太子・玄天上帝・太歳神・八仙・四天王・華光神などの道教・仏教・民間信仰で祀られる神や仙人の幾つかを取り上げ、その歴史的な発展の経過を明らかにする。


まえがき
第一章 【な】咤太子考
第二章 玄天上帝考
第三章 太歳殷郊考
第四章 華光と関帝
第五章 八仙過海故事の変容
第六章 十二天君と蘇州玄妙観
第七章 明清期における四天王像の変容
第八章 明代における天師張虚靖のイメージ
第九章 張虚靖と地祇【ほう】都法
あとがき

   
品切れ
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。