KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  ダニエル・デフォー研究

干井 洋一 著

判 型 A5判上製
ページ 246頁
定 価 本体 3,500円+税
ISBN 978-4-87354-709-1
分類コード C3098
刊行年月 2019年12月
 
英国小説の誕生に欠かせない役割を果たしたダニエル・デフォー。彼が取り組んだテーマは多岐に亘っており、小説だけでなく政治や経済に関する著作も出している。本書はデフォー・カノン問題を踏まえつつ、文学理論を援用しながら、英国小説黎明期の作家ダニエル・デフォーを多角的に考察した研究書である。


第1部 文学理論とデフォー研究
第1章 デフォーのカノンについて(1)
第2章 デフォーのカノンについて(2)
第3章 文学理論と作品解釈
第4章 文学理論の源流

第2部 デフォー作品の多様性
第5章 『ロビンソン・クルーソー』解釈の多様性
第6章 『ロビンソン・クルーソー』とポストコロニアル理論(1)
第7章 『ロビンソン・クルーソー』とポストコロニアル理論(2)
第8章 ジャンルを超えた共通性 ―デフォー作品における政治・歴史・文学─
第9章 デフォーの自負と不安 ─デフォーのジェントルマン論を読む─
第10章 デフォーの小説と『完全なる英国紳士』(1)
第11章 デフォーの小説と『完全なる英国紳士』(2)
第12章 ルキアノス風諷刺の系譜と『コンソリデイタ―』
第13章 デフォーが駆使した手法(1)
第14章 デフォーが駆使した手法(2)
第15章 『ロクサーナ』の特異性

初出一覧
あとがき
 
前のページに戻る ページの先頭に戻る
 

トップページ新刊案内既刊案内書籍検索品切図書ご注文方法特定商取引法に基づく表示
プライバシーポリシー出版部の歴史と沿革リンクお問い合わせサイトマップ

 
Copyright (C) 2006 by Kansai University
このページは「関西大学出版部」の責任で運用されています。