お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • 10月26日 イケフェス プレイベント 関大キャンパスツアー

お知らせ

2017.09.25

10月26日 イケフェス プレイベント 関大キャンパスツアー

秋の簡文館(博物館) 第3学舎(社会学部)1号館・1968年竣工

博物館では、昨年に引き続き「生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪(イケフェス大阪)」に参加します。

キャンパスツアー
「関西大学千里山キャンパスの建築をめぐる」

日時:10月26日(木)15時〜17時
定員:30名(要申込)
参加費:無料
案内人:橋寺知子 関西大学准教授

千里山キャンパスには博物館(旧千里山図書館・1955年竣工)をはじめとし、30年にわたって村野藤吾が設計した建物が点在します。
普段見過ごしてしまいそうな部分もご紹介します。


【申込方法】
「往復はがき」または「Eメール」にて必要事項を記入の上、下記までお送りください。10/10(火)必着です。1通につき2名まで。
制限を超えて記載されている場合はお申込が無効になります。応募多数の場合は抽選。

〜必要事項〜
〇疚勝複果祥佑泙如豊代表者の住所、電話番号
※往復はがきでお申込みの場合、返信面オモテには返信先住所、お名前をご記入ください。
〜送り先〜
〔往復はがき〕〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 関西大学博物館事務室「イケフェスキャンパスツアー」係
〔Eメール〕hakubutsukan@ml.kandai.jp



***関連行事のお知らせ***

「第1学舎旧1号館をARでよみがえらせます!」

日時:2017年10月26日(木)14時〜15時 (雨天中止)
場所:関西大学千里山キャンパス 第1学舎1号館前
   あすかの庭

第1学舎エリアは、千里山キャンパスの始まりの場所でもあり、また1955年には
創立70周年を記念して、現・簡文館などの学舎群が村野藤吾の設計で建設されました。
 現在、「あすかの庭」として学生たちに親しまれている芝生の広場には、旧1号館があり、そのイメージは人々の記憶に強く残っています。

今回、iPadを用いて、現在のあすかの庭の風景の中にAR(拡張現実)の技術を用いて懐かしい景観をよみがえらせ、歴史の重層をリアルに体感できるアプリケーションの制作を試みています。
 まだ制作途中の段階ですが、今後のコンテンツの充実に向け、中間発表会として、さまざまな方に試していただきたいと考えています。ぜひご参加ください。

お問い合わせ:関西大学なにわ大阪研究センター
       naniwa-osaka@ml.kandai.jp
この催しは、2017年度関西大学創立130周年記念特別研究費(なにわ大阪研究)研究代表:橋寺知子
研究課題:「関西大学千里山キャンパスの景観変遷と可視化」の研究成果公表の一環として開催するものです。

  • 博物館データベース
  • バーチャルミュージアム
  • 大阪都市遺産研究センター
  • 北大阪ミュージアムマップ