KANSAI UNIVERSITY

若手研究者育成 関西大学特別任用研究員(特任研究員)

本学が遂行する共同研究プロジェクト又は教育研究プログラムの実施体制の充実を図り、将来の学術研究を担う優れた研究者を育成することにより、その成果をより一層高めるため、特別任用研究員(以下「特任研究員」という。)を任用することができます。
「特任研究員」とは、博士課程後期課程修了者等(博士の学位を取得した者、又は人文・社会科学の分野にあっては博士課程後期課程単位修得者で博士の学位を取得した者に相応する能力を有する者)であって、特定分野の研究領域に優れた能力を有する研究者として、次の研究プロジェクト等のいずれかに共同研究者として従事する者をいいます。

  1. 中央省庁、地方公共団体、特殊法人等が実施する公的資金を伴う研究開発事業等に採択されたもの
  2. 関西大学受託研究取扱規程に基づき承認された受託研究、関西大学学外共同研究取扱規程に基づき承認された共同研究又は同一の研究者が受けた指定寄付金によるもの

特任研究員は、その任務として、任用期間の末日までに従事する研究プロジェクトに関連する研究報告書を所長等に提出するものとし、また、任用期間が満了するまでに研究成果を公表し、学長に報告するものとします。

特任研究員は、公募により、募集します。
また、給与その他の勤務条件については、一定の基準によって別に定めるものとします。

ダウンロード

特任研究員の和英対照表

和文 英文
関西大学 特別任用研究員(特任研究員) Kansai University Research Fellow

若手研究者育成