KANSAI UNIVERSITY

特別研究・教育促進費制度の取扱要領・様式を変更しました。

この制度は、年度予算の確定後、本学において迅速に対応することが必要となった研究及び教育上の課題で、特に重要と認めたものに対して特別研究・教育促進費等を支給することにより、本学の教育研究水準を向上させることを目的に設置されています。
 支給対象となる課題は、次のとおりです。

1  重点領域研究助成規程第1条により設定された重点領域研究以外の重要な研究上の課題であって、それに迅速に取り組むことが特に必要なもの
2  教育上、急遽経費の支出が必要となった課題を迅速に実施し、又は新たな教育方法を 実験的に実施するために特に必要があるもの
3  教育研究水準の向上のために必要と認められる国際シンポジウム、国際会議の開催等 につき、特に必要があるもの

 また、この研究促進費等は、本学専任教員のみが申請できますが、研究促進費については、別に定める関西大学国内研究員規程、関西大学重点領域研究助成規程等の規定により助成を受けている方は申請することができませんのでご注意ください。

【支給額】
研究促進費、教育促進費及び国際シンポジウム等の助成費の支給額は、1件につき、300万円以下。
【申 請】
研究促進費については研究計 画書を、教育促進費については実施概要書を、国際シンポジウム等の助成費については企画書を、それぞれ所属学部長を経て、学長に提出。
【審査会】
申請があったときは、学長は審査会を招集する。審査会は学長が議長となり、申請の採択及び支給額を合議により決定する。

年度別一覧

カテゴリー別一覧