KANSAI UNIVERSITY

通訳料の源泉徴収について(お知らせ)

これまで、居住者に対する通訳料を国内において支払う際には、源泉徴収の必要はありませんでした。しかしながら、平成19年度の税制改正に伴い、本年7月1日以降に支払う通訳料については、当該報酬・料金の額に対し10%の税率による所得税の源泉徴収が必要となります。

 つきましては、今後発生する通訳料を支払う際には、この点にご留意いただくとともに、当該源泉所得税については、各研究費の予算の範囲内で措置いただきますようお願いいたします。

なお、本件に関してお問い合わせ等がある場合は、下記までご連絡ください。

学内研究費(重点領域研究・学術研究助成基金等)・・・内線3082、3083
科学研究費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内線3092~3096、3098

年度別一覧

カテゴリー別一覧