KANSAI UNIVERSITY

研究費 教育研究緊急支援経費

概要

この制度は、年度予算の確定後、本学において迅速に対応することが必要となっ た研究及び教育上の課題で、特に重要と認めたものに対して経費支援を行うことにより、本学の教育研究水準を向上させることを目的に設置されています。
支給対象となる取組は、次のとおりです。

  1. 研究促進費(個人) : 重要な研究上の課題であって、個人でそれに迅速に取り組むことが特に必要なもの。
  2. 研究促進費(共同) : 重要な研究上の課題であって、共同でそれに迅速に取り組むことが特に必要なもの。
  3. 教育促進費 : 教育上、急遽経費の支出が必要となった課題を迅速に実施し、または新たな教育方法を実験的に実施するために特に必要があるもの。
  4. 国際シンポジウム等助成費 : 本学の教育研究水準の向上のために必要と認められる国際シンポジウム、国際会議の開催等につき、特に必要があるもの。ただし、2カ国以上の者が参加するものであること。
  5. GP等支援経費 : 文部科学省が公募する外部の競争的資金による各種の教育改革プログラム等に採択されたプログラムにおいて、補助金交付額が当初申請していた金額を大幅に下回ったことにより、補助金だけでは所期の事業目的を到底達成できない場合や、各年次の事業計画の遂行自体が困難となることが予想される実施組織に対して、当該プログラムの取組を支援する必要があるもの。

支給額

研究促進費(個人):1件につき、100万円以下

研究促進費(共同)、教育促進費、国際シンポジウム等の助成費及びGP等支援経費:1件につき、300万円以下

申請

教育研究緊急支援経費計画書を、所属長を経て、学長に提出。
(申請される場合は、あらかじめ研究支援・社会連携グループ(研究支援担当)にご相談ください。)

審査会

大学執行部において審査を行う。

タイムテーブル

申請
課題の発生時点 「計画書」等の作成
決定
審査会の開催 採択および支給額の決定
研究開始
決定後 支出開始
決算
当該計画等の終了後 「決算報告書」の作成
研究報告
終了後1カ月以内 「研究報告書」の作成
成果
終了後1年以内 「成果」(出版・刊行物)の提出

様式ダウンロード

以下より必要な様式をダウンロードしてください

採択実績・成果概要

2017年度(平成29年度) 採択一覧 PDF
2016年度(平成28年度) 採択一覧 PDF
2015年度(平成27年度) 採択一覧 PDF
2014年度(平成26年度) 採択一覧 PDF
2013年度(平成25年度) 採択一覧 PDF
2012年度(平成24年度) 採択一覧 PDF

英文表記

制度名の和英対照表

和文:関西大学教育研究緊急支援経費
英文:Kansai University Contingency Fund for Education and Research Outlay Support

成果発表の注記及び英文による謝辞

和文:「本取組(又は本取組の一部)は、20XX年度関西大学教育研究緊急支援経費において、課題「△△△△△△」として支援経費を受け、その成果を公表するものである。」
英文:This is a product of research which was financially supported (in part) by the Kansai University Contingency Fund for Education and Research Outlay Support, 20XX"△△△△△△"

お問い合わせ先

研究費