KANSAI UNIVERSITY

研究費 文部科学省 私立大学研究ブランディング事業

概要

私立大学研究ブランディング事業は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取組を行う私立大学等を重点的に支援するものです。

採択実績

本学は、2016年度(平成28年度)に選定を受けた「人に届く」関大メディカルポリマーによる未来医療の創出のプロジェクトに続き、2017年度(平成29年度)にオープン・プラットフォームが開く関大の東アジア文化研究事業が採択され、2年連続での採択(全国で7校、関西では本学のみ)となります。
両プロジェクトを本学のブランドと位置づけ、さらなる研究の推進と成果の発信に取り組んでいきます。

2016年度(平成28年度)文部科学省私立大学研究ブランディング事業
「人に届く」関大メディカルポリマー(KUMP)による未来医療の創出のプロジェクト

本学が開発中の未来医療を革新する材料=関大メディカルポリマー(KUMP)をブランドと位置づけ、「世界の人々に届く」日本発の医療機材の開発を行い、医療基盤を支えるものづくりの重要性の発信と、今まで実現し得なかった未来医療への貢献をめざします。

2017年度(平成29年度)文部科学省私立大学研究ブランディング事業
オープン・プラットフォームが開く関大の東アジア文化研究

長年にわたり蓄積してきた学術リソースを基盤に、KU-ORCAS(関西大学アジア・オープン・リサーチセンター)を拠点として、東アジア文化研究のオープン・プラットフォームを形成していきます。そして、人と世界に開かれたデジタルアーカイブを構築することで、「世界的な東アジア文化研究を牽引する関西大学」としてのブランド確立をめざします。

お問い合わせ先

研究費