KANSAI UNIVERSITY

「考動力」あふれる人材の育成拠点をめざして

本ホームページでは、学校法人関西大学自己点検・評価委員会が刊行している刊行物等を公開しています。なお、掲載している各データはPDF形式です。アドビ社のAcrobat Readerでご覧ください。 

Get ADOBE®READER

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。

.

はじめに(背景と歩み)

教育機関が教育研究活動の活性化を図り、質の向上に努めるとともに、その社会的責任を果たしていくためには、不断の自己点検を行い、改善への努力を行っていくことが必要です。

1991年の大学設置基準の改正により、自己点検・評価活動の実施が求められ、1999年に義務化されました。その後、2002年の学校教育法改正に伴い、2004年度以降わが国の大学は、文部科学大臣の認証を受けた評価機関による評価を受けることが義務付けられました(認証評価制度)。

この間、関西大学では、1994年に関西大学自己点検・評価委員会を設置し、大学全体の教育研究水準の向上を図るため、委員会活動を実施してまいりました。

2006年度に機関別認証評価を受け、適合認定を受けた本学は、その評価結果を基盤として、より一層教育研究水準を向上させるため、また、2008年10月の学内における新ガバナンスの構築に伴い、新たな意思決定・執行体制に対応した点検・評価活動組織のあり方について検討いたしました。

2007年の学校教育法及び学校教育法施行規則の改正により、2008年度から、幼稚園から高等学校に至る幼児・初等中等教育の全ての学校で学校評価の実施とその結果の公表が義務付けられることになりました。

その結果、大学だけでなく、併設する高等学校、中学校、小学校及び幼稚園の全てを包括した、学校法人全体の点検・評価体制を2009年度から構築しました。

一方、学校法人関西大学では、2008年9月に10年後の将来像を示した「長期ビジョン」を、2009年10月にはそれを具現化するための長期行動計画を策定しました。これらは、中期行動計画と自己点検・評価を連動して運用することで実質化を図っています。そのめざすべき方向性は「社会を見つめ、変化に挑む。『考動』する関大人が世界を拓く。」であり、達成目標の一つに、「『考動力』あふれる人材の育成拠点」となることを掲げています。

関西大学では、2012年度に、第2期の機関別認証評価を受審し、適合認定を受けました。特に、内部質保証に関しては「全学的に自己点検・評価活動が浸透し、PDCAサイクルの実効性を高める体制へと変革させ、恒常的な活動をしている」との高い評価を得ました。

今後とも、自己点検・評価活動において長期ビジョンの具現化を図るべく、中長期行動計画との連動を図り、法人全体のPDCAサイクルを継続的に推進していきます。

.

このページの先頭へ

点検・評価活動体制について

学校法人全体の自己点検・評価活動を推進するための組織として、各種委員会を設置しました。

学校法人関西大学自己点検・評価委員会

大学、併設校及び幼稚園における各委員会の活動方針等について集約する「親委員会」として、体制の最上位層に位置づけられるものです。

大学部門委員会

大学における自己点検・評価活動を担う委員会です。

併設校部門委員会

併設する高等学校・中学校・小学校・幼稚園における自己点検・評価活動を担う委員会です。

外部評価委員会

本自己点検・評価活動の客観性・公平性を担保し、教育水準の更なる向上を図るため、学外有識者による評価を行い、その意見を活動に反映させるための委員会です。

これら点検・評価活動を推進する事務局として、2008年10月、総合企画室内に点検・評価推進課を設置しました(2014年4月から企画管理課に名称変更)。委員会活動の支援業務の他、学校法人関西大学の中長期行動計画に関する業務を担っています。
中長期行動計画に関する内容は、関西大学の経営理念をご覧ください。

関連規定

.

このページの先頭へ