関西大学 大学院インフォメーション2019
63/90

61法学研究科文学研究科経済学研究科商学研究科社会学研究科総合情報学研究科理工学研究科外国語教育学研究科心理学研究科社会安全研究科東アジア文化研究科ガバナンス研究科専門職学位課程人間健康研究科教員名専門分野研究概要課程担当科目宮下 真一教授物流システムサプライチェーンの研究企業のグローバル・ネットワークは、生産システムと流通システム双方において複雑化している。その中で、商品や部品の在庫削減戦略を考えるためには、魅力的な商品を開発するとともに、先端的な情報システムを導入することや効率的な交通ネットワークを構築することが重要である。このような幅広い領域を学ぶ学問分野として、近年サプライチェーン・マネジメントの研究が確立されている。M調査方法論研究現代物流政策研究ガバナンス演習Ⅰ, ⅡD公共政策特別研究8(現代物流政策論)安武 真隆教授yasutake@kansai-u.ac.jpヨーロッパにおける 政治と思想「目の前の政治について考えるにあたって、古い本を読みながら考えるという態度」をこれまでの政治学者はとってきた。彼らは、過去に向って助走してはじめて、現在を見据え将来を展望できると考えたからである。M調査方法論研究政策規範研究ガバナンス演習Ⅰ, ⅡD公共政策特別研究1(政策学)山中 友理教授刑法刑事政策責任能力とは何か、および、触法精神障害者に関する法制度について研究しています。また、ドイツ語圏の刑事法、医事刑法分野(行刑法、終末期医療、臓器移植など)も研究対象です。M比較刑事法研究ガバナンス演習Ⅰ, Ⅱ五十嵐 元道准教授国際関係論安全保障論安全保障上の概念や実践が、どのような歴史をたどって形成されてきたのか、また、どのようなイデオロギーに基づいて生成されているのか。そうした問題関心に基づき、研究・分析を行っている。M安全保障論研究梶原  晶准教授政治過程論・行政学地方分権改革や地方財政制度など中央地方関係の分析を中心に、政府組織における議員や議会などの政治的要因と官僚制もしくは政策帰結との関係について研究している。M現代行政学研究権  南希准教授kwon@kansai-u.ac.jp国際法専門は国際法。武力紛争がもたらす環境損害を素材に国際人道法と国際環境法の規範の交差について研究している。特に国際環境法における法定立過程の特徴、国家責任体系の変遷に焦点を当てている。M国際公共政策研究三枝 憲太郎准教授saegusa@kansai-u.ac.jpイギリス地域社会論社会人類学専攻。イングランドのカントリーサイドにおける移住者の活動を通した空間と場所の構築の問題を研究。特に、田園空間における景観のコントロールを中心に、空間に期待されている機能の変化に注目している。M空間社会論研究内藤 友紀准教授naito@kansai-u.ac.jpマクロ経済政策金融史公共政策の主要部門である経済政策を学んでいく。特に中央銀行の役割を中心とした、金融政策をめぐる近年の諸問題について扱う。M金融政策研究初見 健太郎准教授hatsumi@kansai-u.ac.jpミクロ経済学ゲーム理論専門はゲーム理論とその応用です。ゲーム理論は複数の主体(個人、企業、国家など)の行動がお互いの利益に影響を及ぼし合う状況を上手くモデル(模型)にします。これは現実のさまざまな問題を分析するのに極めて有用です。M数理経済分析研究※科目の担当については2018年度現在のため、変更することがあります。演習科目の担当に変更が生じた場合は、大学院入試情報サイトでお知らせします。プログラムの目的 本プログラムは、公共人材育成をめざすガバナンス研究科の社会連携策の一環として、地域におけるステークホルダー間の利害を調整し、地域の福祉や環境問題の解決策を主体的に提言、実践できる人材を育成することを目的とします。一般市民はもとより、地域福祉やまちづくり関係の資格を有している専門職層の自己啓発、キャリア・アップにも対応します。 また、経営理論や地域経済論の学習を通じて、地域における女性や高齢者の活躍を支援し、福祉や環境関連の社会的起業を促します。あわせて、国の分権改革や地方創生政策に対応した地方公務員、団体職員の能力向上を図るほか、まちづくりリーダー、防災リーダーを育成することで、地域活性化やコミュニティ再生のための人づくりを目指します。プログラムの概要 本プログラムは、ガバナンス研究科の開設科目と履修証明プログラムの独自科目から構成され、各科目の時間数はすべて22.5時間です。社会人が主な対象であることから、平日の6、7時限目を中心に開講します。なお、ガバナンス研究科科目については、科目等履修生として登録することにより、単位認定を行い、ガバナンス研究科入学後に、既修得単位として認定することが可能です。 講義方法として、事例を取り上げたケース・メソッドを取り入れ、受講生参加型のディベートやチームでの共同報告も実施します。こうしたアクティブ・ラーニングのために、ガバナンス研究科の専任教員が主として担当する「セミナー実習Ⅰ・Ⅱ」を設けています。《問合せ先》関西大学政外オフィス(ガバナンス研究科担当)TEL:06-6368-0034(9時~17時、日曜・祝日を除く)E-mail:seisaku@ml.kandai.jp履修証明プログラム(地域政策コーディネーターを養成する大学院教育プログラム)の実施についてNew!

元のページ  ../index.html#63

このブックを見る