関西大学 大学院インフォメーション2018
45/90

43法学研究科文学研究科経済学研究科商学研究科社会学研究科総合情報学研究科理工学研究科外国語教育学研究科心理学研究科社会安全研究科東アジア文化研究科ガバナンス研究科人間健康研究科専門職学位課程「学びの意欲」に応える学修環境DDプログラム【デュアル・ディグリー・プログラム】韓国・嶺南大学校大学院 2015年度開始。韓国・嶺南大学校に2セメスター留学し、所定の単位を修得して双方の修士論文審査に合格することによって、関西大学大学院からの修士号に加えて、嶺南大学校から修士の学位も授与されます。修学期間:3年【ダブル・ディグリー・プログラム】イギリス・アストン大学 2018年度開始予定。イギリス・アストン大学に2セメスター留学し、関西大学で2セメスター修学するとともに、所定の単位を修得して双方の修士論文審査に合格することによって、関西大学大学院からの修士号に加えて、アストン大学からも学位が授与されます。修学期間:2年エモリー大学への派遣(日本語教育学・英語教育学)アメリカ・エモリー大学 本研究科博士課程前期課程修了生・博士課程後期課程在校生をアメリカ南部の名門エモリー大学へTeaching Fellowとして毎年最大2名を派遣しています。現地では、日本語教育(有給)に従事しながら、エモリー大学で開講している大学院科目も履修できます。グローバルに活躍したい方のために昼夜開講制授業科目の開講時間を4時限目以降に設定し、主に6時限目と7時限目に授業を展開しています。4時限目(14:40~16:10)5時限目(16:20~17:50)6時限目(18:00~19:30)7時限目(19:40~21:10)● 土曜日は2時限目(10:40~12:10)から授業を開講します。夏季および冬季には集中講義もあります。●時間割表は研究科ウェブサイトでご覧いただけます。長期在学制度(3年コース)社会人の方や外国語関係以外の学部出身の方が、余裕をもって履修する際にお勧めの制度です。● 1年間で履修できる単位数は少なくなりますが、2年間の授業料とほぼ同額で3年間在学することができます。● 1年次終了時に所定の条件を満たした場合、3年コースを2年コースに変更することができます。※この制度は博士課程前期課程において適用できる制度で、入学試験出願時に選択していただきます。現職教員1年制コース高度な能力を有する英語教員の養成を目的とした、1年間で修士号を取得できるコースです。現職の英語教員やその経験者であって、英語教育に関わる業績が顕著な方を対象に募集します。出願資格等の詳細は学生募集要項をご覧ください。社会人の方のために森岡 千廣 さんQ.大学院進学の理由を教えてください。A. 外国語学部で、国際協働や国際共生などについて学び、数々の国際経験を積む中で、国際理解教育の重要性を強く感じました。国際理解教育と英語教育を両立できる英語教員をめざすため、実践に根ざした英語教育研究に力を入れている関西大学大学院に進学を決めました。Q.現在の仕事において大学院での研究や学修が生かされている場面をご紹介ください。A. 英語教員という道を歩むうえで、第二言語習得論や言語教育学、異文化間教育などの理論的な知識をもって実践へ向かうことができることは大きな魅力だと思います。また、言語教育に対して熱い想いを持った仲間と切磋琢磨し、学部時代ではできなかったような研修・学会参加の機会により自己研鑽を積むことができます。そして何より、英語教育の精鋭として名高い先生方からいろいろな話を聞き、多くを学べる機会に溢れた恵まれた環境のなかで過ごす2年間で、教員としての地盤をしっかりと固めたうえで教壇に立てることは大変幸せなことです。Q.進学を考えている方へのメッセージをお願いします。A. 外国語教育学研究科では、言語教育における各分野で活躍されている名高い先生方や、多様なバックグラウンドを持つ留学生や学生たちに囲まれながら、研鑽を積むことができます。そのため、学びの充実と確かな成長は保証されます。また、教壇に立つにあたって、より広い視野と多くの引き出しを持ちたいと考え大学院進学を決意しましたが、その選択は間違っていなかったと自信を持って言えます。ぜひ、外国語教育学研究科に足を踏み入れてみてください。博士課程前期課程 外国語教育学専攻2017年3月修了入試種別:学内進学試験勤務先名:奈良育英高等学校 英語科専任講師メッセージ 2016年度より、『日本語教育専門家養成講座』を開講しています。 この講座は、研究科の豊富な授業科目を通して習得できる外国語教育学とその隣接領域に関する高度な知識・スキルを無理なく効果的に生かせます。日本語や日本語教育を研究対象にする人のみでなく、他の言語やその教育を専門にする人にもお勧めです。『日本語教育専門家養成講座』

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る