関西大学 大学院インフォメーション2018
40/90

38教員氏名研究テーマ研究概要環境系河井 康人建築音響工学建築の音環境設計に要求される音場予測の諸問題に対し、境界要素法等の数値的手法により解決策を探る。 〔E-mail〕kawai@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.arch.kansai-u.ac.jp/env1/index.html原  直也建築視環境学建築空間での、ものの見え方等の心理評価、光やものの条件、および、人の視覚特性とそれらの相互関係。 〔E-mail〕nhara@kansai-u.ac.jp豊田 政弘建築音響工学安全で快適な音環境の創生を目標とした高性能吸遮音構造および予測設計手法の開発を行う。 〔E-mail〕toyoda@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.arch.kansai-u.ac.jp/env1/index.html都市システム工学分野地球環境系石垣 泰輔環境防災水工学都市型水害時の避難、伝統的な防災と環境技術、水災害のメカニズムに関する研究をしている。 〔E-mail〕ishigaki@kansai-u.ac.jp楠見 晴重地盤環境工学関連する学問分野としては、地盤工学、岩盤工学、地盤環境工学。Keywords:斜面、地下水、地下空間、探査、維持管理 〔E-mail〕kusumi@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.geosys.civil.kansai-u.ac.jp/尾﨑  平環境マネジメント上下水道、廃棄物施設を中心とした環境インフラのマネジメント、気候変動に対する適応策のデザイン 〔E-mail〕ozaki_t@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.envmanage.civil.kansai-u.ac.jp/飛田 哲男地盤防災工学地盤地震工学の観点から、数値解析、模型実験、室内要素試験等を援用し、問題の解決を図る。 〔E-mail〕tobita@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~tobita/安田 誠宏海岸工学津波、高潮、高波などの沿岸災害の軽減、気候変動の沿岸域への影響評価と適応策について研究する。 〔E-mail〕yasuda-t@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://coastal.main.jp/設計建設系小林  晃アセットマネジメントダム、堤防、斜面など重大事故を引き起こす構造物の維持管理、リスクマネジメント手法 〔E-mail〕koba5963@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.kansai-u.ac.jp/promane/index.html坂野 昌弘鋼構造学Fatigue of Steel Structures 〔E-mail〕peg03032@kansai-u.ac.jp鶴田 浩章コンクリート工学・維持管理コンクリート構造物の耐久性向上方法や維持管理、中流動コンクリート、産業廃棄物の有効利用など。 〔E-mail〕tsurutah@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~tsurutah/石川 敏之構造工学・維持管理社会基盤構造物を長く使えるようにする技術の開発を行っています。 〔E-mail〕t-ishi@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~t-ishi/上田 尚史コンクリート構造学コンクリートの非線形解析、時間依存挙動評価、劣化予測を行うとともに、新たな建設材料の開発を行う。 〔E-mail〕n.ueda@kansai-u.ac.jp〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~n.ueda/計画マネジメント系秋山 孝正都市交通計画・都市地域計画都市、交通、地域のモデル分析と定量的評価を行う。都市交通、まちづくり、都市環境等が対象である。 〔E-mail〕akiyama@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.trans.civil.kansai-u.ac.jp/akiyama/北詰 恵一社会資本計画実用型土地利用モデル、社会資本統廃合再配置問題、レジリエントな都市計画、健康まちづくり 〔E-mail〕kitazume@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.trans.civil.kansai-u.ac.jp/kitazume/kitazume.htm木村 俊一オペレーションズ・リサーチ社会システム工学、オペレーションズ・リサーチ、金融工学、待ち行列理論、確率モデル 〔E-mail〕t.kimura@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~t.kimura/尹  禮分社会システム工学社会・安全システム工学、システムの知能化・最適化、データマイニング、人工知能 〔E-mail〕yeboon@ kansai-u.ac.jp井ノ口 弘昭交通システム計画低炭素社会構築のための都市交通分野での政策検討、シミュレーションによる環境負荷量の定量的検討等〔E-mail〕hiroaki@inokuchi.jp 〔URL〕http://www.trans.civil.kansai-u.ac.jp/inokuchi/情報システム系兼清 泰明システムモデリング・リスク工学確率微分方程式の応用、システム信頼性解析、リスク解析、高速シミュレーションスキームの開発 〔E-mail〕hiro.t.k@kansai-u.ac.jp滝沢 泰久ネットワーク工学次世代都市社会を支える情報通信技術とプラットフォームシステム技術 〔E-mail〕takizawa@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://netlab.urbansystem.kansai-u.ac.jp安室 喜弘情報システム工学人と環境、人と設備、人と人を媒介し、社会を豊かにする情報システムの在り方と構築方法を研究する。 〔E-mail〕yasumuro@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~yasumuro/窪田  諭社会基盤情報学社会基盤施設の情報管理システム、地理情報システムの実践応用、3次元都市時空間モデルの可視化 〔E-mail〕skubota@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~skubota/檀  寛成システム最適化数理的な技法とコンピュータの力を用い、都市を支える様々なシステムを最適化する。 〔E-mail〕dan@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~dan/エネルギー・環境工学分野エネルギー工学池永 直樹触媒工学エネルギーと環境をキーワードにして、新しいプロセスの確立をめざし、触媒開発を行っている。 〔E-mail〕ikenaga@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/Syokubai/三宅 孝典無機機能物質工学省エネルギー用触媒、省エネ分離材料の開発、水中の鉛、カドミウムの除去など環境浄化材料の開発〔E-mail〕tmiyake@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/FME/村山 憲弘資源循環工学アルミドロスや鉄鋼スラグなどの副産物を原料に用いて機能性無機材料を創製する研究を行っている。〔E-mail〕murayama@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/Shigen/佐野  誠無機機能物質工学環境浄化、省エネルギーおよびエネルギー変換に応用する機能性無機材料の開発 〔E-mail〕msano@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/FME/中川 清晴エネルギー材料工学新規ナノ炭素材料の合成・構造制御および表面化学。炭素材料のエネルギー・環境分野に応用する研究。〔E-mail〕kiyoharu@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/oda/環境化学岡田 芳樹ナノ粒子工学ナノ粒子の粒径・化学組成計測、非凝集・単分散ナノ粒子の合成、マイクロバブルを用いた水浄化など 〔E-mail〕yokada@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/NPE/top.html林  順一反応工学多孔質材料の製造と細孔生成機構の解明および環境浄化材、エネルギーデバイスへの応用 〔E-mail〕hayashi7@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/CRElab/山本 秀樹物性化学工学・環境再生工学資源再生プロセス開発、酸再生技術、溶解度パラメータ、血液物性解析システム開発、環境系新材料開発 〔E-mail〕yhideki@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/Process荒木 貞夫物性化学工学・環境再生工学新規分離膜の開発と化学工学物性を用いた分離機構の解明および反応・分離プロセスへの応用 〔E-mail〕araki_sa@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/Prosess/木下 卓也ナノ粒子工学気相法および液相法による機能性ナノ粒子材料の合成とその応用評価に関する研究を行う。 〔E-mail〕t_kino@kansai-u.ac.jp 〔URL〕http://www.cheng.kansai-u.ac.jp/NEP/top.html

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る