関西大学 大学院インフォメーション2018
27/90

25法学研究科文学研究科経済学研究科商学研究科社会学研究科総合情報学研究科理工学研究科外国語教育学研究科心理学研究科社会安全研究科東アジア文化研究科ガバナンス研究科人間健康研究科専門職学位課程❖2018年度 博士課程後期課程 専修科目および担任教員担任者に変更が生じた場合は、関西大学大学院入試情報サイトでお知らせしますので、出願前にご確認ください。商 学 専 攻流通システム論特殊研究藤岡 里圭情報会計論特殊研究柴  健次市場問題特殊研究杉本 貴志原価計算論特殊研究中嶌 道靖ロジスティクス特殊研究飴野 仁子会計制度論特殊研究齊野 純子流通企業経営論特殊研究崔  相鐵財務戦略会計特殊研究乙政 正太貿易業務論特殊研究田 友之実証会計学特殊研究太田 浩司国際交通論特殊研究髙橋  望保証業務論特殊研究松本 祥尚金融論特殊研究宇惠 勝也経営分析論特殊研究木村 麻子国際通貨システム論特殊研究髙屋 定美イノベーション・マネジメント特殊研究朴  泰勲会計学理論特殊研究笹倉 淳史経営システム論特殊研究荒木 孝治管理会計論特殊研究水野 一郎経営情報論特殊研究矢田 勝俊 研究者養成・後期課程進学コースは演習と論文指導を中心として研究者の育成を図り、前期課程修了後、引き続き後期課程への進学を希望する者を対象としている。 高度専門職養成コースは、経営・流通・国際ビジネス・ファイナンス・会計の諸分野で活躍し得る高度の専門職業人を養成することを目的としており、専任教員による講義科目や演習科目に加えて、ベーシック科目、メソッド科目、実務家による講義科目なども多数用意し、充実したカリキュラムを提供している。希望すれば所定の入学試験を受けて博士課程後期課程へ進学することもできる。ファイナンス・会計系金融論研究Ⅰ・Ⅱ宇惠 勝也 教授❶金融契約の経済理論的分析❷「情報の非対称性が存在する状況において最適なインセンティブを設計する問題」を分析する方法を開発する研究分野は「契約理論」と呼ばれる。現在の研究の中心は、契約理論の金融問題への応用である。『金融契約の経済理論』ミネルヴァ書房、2010年。 E-mail:ue@kansai-u.ac.jp国際通貨システム論研究Ⅰ・Ⅱ髙屋 定美 教授❶「欧州経済危機の分析と政策提言」「国際通貨制度の改革の方向」❷『検証 欧州債務危機』中央経済社、2015年。 『欧州危機の真実』東洋経済新報社、2011年。 『欧州通貨統合とマクロ経済政策』ミネルヴァ書房、2009年。 『ユーロと国際金融の経済分析』関西大学出版部、2009年。 E-mail:takaya@kansai-u.ac.jp租税法研究Ⅰ・Ⅱ辻 美枝 教授❶保険取引と課税❷保険取引と課税が交錯する問題について比較法分析に基づく研究を行っている。 E-mail:tsujim@kansai-u.ac.jp会計学理論研究Ⅰ・Ⅱ笹倉 淳史 教授❶イギリスの会計およびイギリスにおけるコーポレート・ガバナンスの変遷❷進学を希望する場合には、事前に問い合わせること。 E-mail:sasakura@kansai-u.ac.jp管理会計論研究Ⅰ・Ⅱ水野 一郎 教授❶人本主義と付加価値管理会計についての研究。京セラのアメーバー経営と海爾(ハイアール)の管理会計システムとの国際比較研究。❷最近の論文:「人本主義企業をめざす管理会計」(2013年)       「中国における管理会計イノベーション」(2014年) E-mail:icmizuno@kansai-u.ac.jp原価計算論研究Ⅰ・Ⅱ中嶌 道靖 教授❶マテリアルフローコスト会計(MFCA)を研究対象として、MFCAの企業事例研究をもとに環境管理会計手法の研究開発を進めている。❷主要業績:中嶌道靖・國部克彦(2008)『マテリアルフローコスト会計(第2版)』日本経済新聞出版社 E-mail:nakajima@kansai-u.ac.jp会計制度論研究Ⅰ・Ⅱ齊野 純子 教授❶会計基準とその設定のあり方❷上記のテーマをIFRSおよびイギリス会計基準を素材にして研究している。 E-mail:sainoj@kansai-u.ac.jp財務戦略会計研究Ⅰ・Ⅱ乙政 正太 教授❶利害調整機能と情報提供機能を効率的に作用させるための会計情報の役割について❷乙政正太・椎葉 淳・岩崎拓也・首藤昭信(2012)「効率的な経営者報酬契約と事後的清算問題」『国民経済雑誌』第205巻第4号、4月、55-70。 椎葉 淳・岩崎拓也・乙政正太・首藤昭信(2012)「企業価値評価と経営者報酬契約における会計利益の役割」『会計』第182巻第1号、7月号、98-112。 E-mail:oto@kansai-u.ac.jp実証会計学研究Ⅰ・Ⅱ太田 浩司 教授❶・経営者予想およびアナリスト予想に関する研究・アナリストの利害相反に関する研究・企業評価モデルに関する研究・自社株買いに関する研究❷研究業績および研究概要は,全て私のホームページで閲覧可能となっている。 E-mail:koji_ota@kansai-u.ac.jp HomePage:http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~koji_ota/経営分析論研究Ⅰ・Ⅱ木村 麻子 教授❶管理会計と日本型経営❷日本企業の事例研究を主体としてブランドマネジメントや環境経営などのありうべきカタチを管理会計の視点から研究している。 なお、進学を希望する場合には、事前にお問い合わせください。 E-mail:asakmr@kansai-u.ac.jp監査論研究Ⅰ・Ⅱ宮本 京子 教授❶財務諸表監査における監査人のリスク評価とリスク対応、企業報告に対する保証業務、監査品質❷「監査リスク・アプローチに対するイノベーティブ・チャレンジ」[2014]、『會計』、第185巻3号、51-64頁(日本会計研究学会学会賞) E-mail:kyoko@kansai-u.ac.jp公会計論研究Ⅰ・Ⅱ馬場 英朗 教授❶公共サービス改革とインパクト評価❷『非営利組織のソーシャル・アカウンティング』日本評論社(2013) 『入門 公会計のしくみ』中央経済社(2016) E-mail:baba-hid@kansai-u.ac.jp Homepage:http://baba-hi72.seesaa.net❶最近の研究テーマ ❷その他

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る