関西大学 大学院インフォメーション2018
23/90

21法学研究科文学研究科経済学研究科商学研究科社会学研究科総合情報学研究科理工学研究科外国語教育学研究科心理学研究科社会安全研究科東アジア文化研究科ガバナンス研究科人間健康研究科専門職学位課程博士課程後期課程■修了所要単位 3年〈6学期〉以上6年〈12学期〉以内在学し、20単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査および最終試験に合格した者には、博士(経済学)の学位が与えられます。【修了所要単位20単位の内訳】科目区分・科目名最低修得単位数指導教員の担当する講義・演習・論文指導ⅠおよびⅡ16単位合計20単位以上上記以外4単位以上理論・統計・政策ミクロ経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ長久 良一坂根 宏一マクロ経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ秋岡 弘紀鈴木 智也経済成長論研究Ⅰ・Ⅱ土居 潤子統計学特殊研究Ⅰ・Ⅱ松尾 精彦宇都宮浄人良永 康平計量経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ橋本 紀子片山 直也情報処理論特殊研究Ⅰ・Ⅱ谷田 則幸労働経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ野坂 博南経済政策特殊研究Ⅰ・Ⅱ本西 泰三財政学特殊研究Ⅰ・Ⅱ林  宏昭租税政策特殊研究Ⅰ・Ⅱ橋本 恭之社会保障論特殊研究Ⅰ・Ⅱ佐藤 雅代公共経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ前川 聡子産業・地域・国際国際経済論特殊研究Ⅰ・Ⅱ菅田  一国際金融論特殊研究Ⅰ・Ⅱ春日 秀文経済発展論特殊研究Ⅰ・Ⅱ後藤 健太人口学特殊研究Ⅰ・Ⅱ松下敬一郎農業経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ樫原 正澄環境経済学特殊研究Ⅰ・Ⅱ新熊 隆嘉アジア経済発展論特殊研究Ⅰ・Ⅱ北波 道子中小企業論特殊研究Ⅰ・Ⅱ古賀 款久流通経済論特殊研究Ⅰ・Ⅱ佐々木保幸金融経済論特殊研究Ⅰ・Ⅱ中川 竜一歴史・思想・社会    日本経済史特殊研究Ⅰ・Ⅱ北原  聡経済学説史特殊研究Ⅰ・Ⅱ中澤 信彦社会思想史特殊研究Ⅰ・Ⅱ植村 邦彦社会経済システム論特殊研究Ⅰ・Ⅱ竹下 公視❖2018年度 博士課程後期課程 演習・論文指導担任者担任者および授業科目に変更が生じた場合は、関西大学大学院入試情報サイトでお知らせしますので、出願前にご確認ください。メッセージ藤田 知也 さん博士課程前期課程 経済学専攻2016年4月入学入試種別:一般入学試験姜 龍春 さん博士課程前期課程 経済学専攻2013年3月修了入試種別:外国人留学生入学試験勤務先名:浙江佳人新材料有限会社 国際貿易部Q.大学院進学の理由および本学を選んだ理由を教えてください。A. 関西大学経済学部卒業後は鉄道会社で勤務していましたが、地方鉄道の維持・再生について深く研究したいと考えたため、勤めていた会社を辞め、大学院へと進学しました。   学部4年次生の時、卒業論文の執筆を通じ研究のおもしろさ・奥深さを感じていました。その際お世話になった、いわば私にとっての学問の恩師や、交通経済学に精通された先生がいらっしゃるということ、そして4年間慣れ親しんだ環境であるという点が、選んだ決め手となりました。Q. 大学院進学のための受験対策や事前準備について教えてください。A. ミクロ経済学の復習と英語を中心に、また交通経済学やそれに関わる統計学の勉強を行いました。Q. 進学を考えている方へのメッセージをお願いします。A. 大学院の授業は学部の授業と大きく異なります。少人数授業がほとんどで、マンツーマンのケースも少なくありません。それだけ、みずからが授業に参加する必要性が求められます。自分がプレゼンテーションするときでなくても、相手のプレゼンテーションの内容をもとに、議論できるほどの予習も必要なため、非常にハードともいえます。しかしその分、議論を通じてより理解を深めることができ、先生との距離も学部の授業より近いので、わからないことはどんどん質問できます。研究や、より深い勉強を行いたいと考えているならば、大学院は非常におすすめの環境です。Q. 学位論文題名と概要について教えてください。A. 題名: 浙江省民営企業の発展現状について―紹興市開発区内の民営企業A社を中心に  概要: 本論文は中国経済メカニズムの転換のうち経済のエンジンである中国企業の発展過程を扱うことを目的としています。浙江省民営企業の発展過程において、なぜ「2008年に紹興市開発区内のA社が倒産まで至ったのか」、「原因は何か」、「結局A社はどうなったか」などの考察をしています。Q. 大学院進学の理由および本学を選んだ理由を教えてください。A. 第一に、日中経済文化交流の歴史と現状から見ると、日本の経済学の知識や経験が、中国の現実に照らして最も実用的であると思いました。   第二に、大学卒業後、6年間従事した投資誘致と国際貿易に関する仕事のなかで、自身の専門知識不足と危機感を深く感じました。   第三に、中国産業経済論の研究目的と研究内容が、今までの仕事内容と今後の事業目標と一致していることから、関西大学大学院経済学研究科を選びました。Q. 現在の仕事において大学院での研究や学修が生かされている場面はありますか。A. 大学院では、アジア経済、特に中国経済を研究しました。現在は、日中合弁会社で働いていますが、日中経済を学んだおかげで、両企業の文化差を早く理解することができました。Q.進学を考えている方へのメッセージをお願いします。A. 経済学研究科で、中国経済および中国企業について学んだことで、将来の進路や、自分の競争力を高めることができたと思います。

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る