関西大学 大学院インフォメーション2018
20/90

18Graduate School of Economics経済学研究科千里山キャンパス経済学研究科ウェブサイト http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_eco/博士課程前期課程経済学専攻(入学定員 45名)プロジェクトコース/アカデミックコース博士課程後期課程経済学専攻(入学定員 5名)目的に応じたコース制と、フレキシブルな開講時間帯で時代のニーズに対応1 経済学研究科博士課程前期課程・経済学専攻に「プロジェクトコース」と「アカデミックコース」の2つのコースを設け、多様な実務的・学問的関心をもつ院生の主体的な学習・研究活動を多面的に指導・支援することに主眼をおいてカリキュラムを編成しています。2 プロジェクトコースは、博士課程前期課程の2年間で、経済学の高度な専門的知識を修得することを目的にしています。3 アカデミックコースは、博士課程前期課程および後期課程を通して、経済学の専門分野について研究者として自立することを目的としています。4 経済学の理論的基礎の理解を容易にするために、必須の基礎科目として、留学生と社会人を対象とする経済学基礎研究Ⅰ・Ⅱの講義を置いています。5 すべての演習科目において指導教員制をとって、フェイス・トゥ・フェイスの教育研究指導ができるようにするとともに、多くの講義科目において学外講師を含む、すぐれた研究者および実務家が院生の指導にあたっています。特 色定員と入学試験 経済学研究科の入学定員は、前期課程45名、後期課程5名となっています。近年は、学部だけでなく大学院の入学試験も多様化しており、経済学研究科においても、一般入学試験のほかに、前期課程では、学内進学試験、経済学部・経済学研究科5年一貫教育プログラム入学試験、社会人入学試験、外国人留学生入学試験などを行っています。一般入学試験は10月募集と2月募集があります。外国人留学生入学試験は後期課程においても実施しています。科目等履修生および外国人のために外国人研究生の制度も設けています。博士課程前期課程博士課程前期課程で履修・修得できる授業科目は、系科目群、基礎科目、共通科目に大別されます。種別履修方法・科目の特性~系科目履修方法に制限はありません。ただし、指導教員の担当する講義を修得する必要があります。基礎科目修了所要単位に含めることができるのは4単位までです。関西大学大学院学則に定める外国人留学生は、経済学基礎研究Ⅰ・Ⅱを履修しなければなりません。なお、経済学基礎研究Ⅰ・Ⅱは外国人留学生のみ履修できます。また、社会人入学試験または全国社会保険労務士会連合会特別推薦入学試験で入学した者は、経済学基礎研究Ⅰ・Ⅱを履修しなければなりません。共通科目経済学研究演習Ⅰ・Ⅱ 演習 論文指導■修了所要単位 2年〈4学期〉以上4年〈8学期〉以内在学し、32単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文または特定の課題についての研究成果報告書の審査および試験に合格した者には、修士(経済学)の学位が与えられます。税理士試験の試験科目の免除について 経済学研究科において、税法に属する科目に関する研究で学位(修士)を取得した者は、税理士試験の一部科目にすでに合格している場合、税法に属する科目の受験免除申請をすることが可能です。 ただし、免除申請に係る「認定・不認定」は国税審議会によるため、学位(修士)を取得することで必ず認定されるものではありません。 税理士試験の試験科目の免除についての詳細は、必ず国税庁のWebサイトなどでご確認ください。【修了所要単位32単位の内訳】科目区分・科目名最低修得単位数指導教員の担当する講義・演習・論文指導12単位合計32単位以上上記以外20単位以上

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る