関西大学 大学院インフォメーション2018
2/90

目 的■博士課程前期課程広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うものとする。■博士課程後期課程専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力およびその基礎となる豊かな学識を養うものとする。■専門職学位課程高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識および卓越した能力を養うものとする。学 位博士課程を前期2年、後期3年の課程に分け、前期2年を修士課程として取り扱い、修了者には修士の学位を授与する。後期課程への進学は、前期課程を修了し、進学試験に合格しなければならない。後期課程に所定の期間在学し、学位論文の審査に合格した者には、博士の学位を授与する。法務研究科(法科大学院)の専門職学位課程修了者には、「法務博士(専門職)」の学位を、会計研究科(会計専門職大学院)の専門職学位課程修了者には「会計修士(専門職)」の学位を、心理学研究科心理臨床学専攻(臨床心理専門職大学院)の専門職学位課程修了者には「臨床心理修士(専門職)」の学位を授与する。1950年新制大学院を法学、文学、経済学の3研究科で設置1962年商学研究科、工学研究科を設置1971年社会学研究科を設置1998年総合情報学研究科を設置2002年外国語教育学研究科を設置2004年法科大学院を設置2006年会計専門職大学院を設置2008年心理学研究科を設置2009年臨床心理専門職大学院を設置工学研究科を理工学研究科に改称2010年社会安全研究科を設置2011年東アジア文化研究科、ガバナンス研究科を設置2014年人間健康研究科を設置沿 革高度な学問研究機関および高度専門職業人養成機関としての軌跡 関西大学は、1886年、関西における唯一の法律専門学校として創立されました。爾来、真理の討究、自由の尊重、自治の訓練による穏健醇厚な学風をもって成長し、1922年には大学令による大学に昇格し、1924年大学令による大学院(旧制)の設置が認可され、一層教育内容の充実に努め、今や大学院15研究科(3専門職大学院を含む)と13学部のほかに留学生別科、高等学校、中学校、小学校、幼稚園を有する一大総合学園として発展し、名実共に私学の雄としてその偉容を誇っています。 本大学院は、1950年に他大学にさきがけ新制大学院修士課程、1953年に博士課程を設置し、1975年に大学院設置基準による博士課程の大学院として位置づけられました。また、2004年からは専門職学位課程を設置し、現在に至っています。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る