教員紹介

林 能成

林 能成 教授

はやし よしなり

専門分野・担当科目
地震防災、地震学

メールアドレス:yhayashi

Expert’s Eyes

 地震学は20世紀後半に研究が進み、地震発生のメカニズムがかなり解明されるとともに、地震予知の実用レベルでの難しさも強く認識されるようになってきました。今、地震学は科学的な研究成果を活用した現実的な防災・減災に向かっています。そのためには、理学部で研究される「地震の科学」を超えて、社会安全学を構成する諸分野、すなわち工学や人文社会科学などと連携した新しい研究が不可欠になっています。

注目ファイル

受賞歴皆無、幼少の頃から現在まで褒められないタイプ。
東京、札幌、東京、つくば、名古屋、静岡と渡り歩いて高槻へ。
『巨大地震の科学と防災』朝日新聞出版(2013)など著書若干。
静岡大学防災総合センター客員教授。

略歴

1991年(平成 3年) 3月 
北海道大学理学部地球物理学科 卒業 (理学士)
1991年(平成 3年) 4月 
東海旅客鉄道株式会社 入社(~1996年(平成8)3月)
1998年(平成10年) 3月 
東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻(地震研究所)博士前期課程 修了 修士(理学)
2001年(平成13年) 3月 
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻(地震研究所)博士後期課程 修了 博士(理学)
2001年(平成13年) 4月 
東京大学地震研究所 特別研究員 (~2001年(平成13年)7月)
2001年(平成13年) 7月 
独立行政法人防災科学技術研究所 特別研究員 (~2002年(平成14年)3月)
2002年(平成14年) 4月 
株式会社先端力学シミュレーション研究所 主査研究員 (~2003年(平成15年)3月)
2003年(平成15年) 4月 
名古屋大学災害対策室 助手・助教 (~2008年(平成20年)10月)
2008年(平成20年)11月 
静岡大学防災総合センター 准教授 (~2011年(平成23年)3月)
2011年(平成23年) 4月 
関西大学社会安全学部 准教授
2016年(平成28年) 4月 
関西大学社会安全学部 教授
2017年(平成29年)10月 
関西大学社会安全学部 副学部長(〜現在に至る)