教員紹介

山川 栄樹

山川 栄樹 教授

やまかわ えいき

専門分野・担当科目
数理計画法、並列計算

メールアドレス:eiki

Expert’s Eyes

 数理計画法は、自然科学、社会科学のさまざまな分野で発生する意思決定問題を、複数の制約条件を満たす変数の組のなかで目的関数の値を最小または最大にするものを求める最適化問題として定式化し、数学的に厳密な計算手順を用いて解く方法論です。現在の計算機技術を用いて高速かつ正確に解きうる最適化問題のクラスを明らかにすることは、現実の問題をどのように定式化すればよいかを考えるヒントを与えてくれます。

注目ファイル

・もともと、製鉄会社で数理計画法を応用した情報システムの開発に従事していました。 ・会社から出向した情報通信関連の研究所で、並列計算の研究をしていた時期もあります。 ・学生時代からの恩師と共著で、「数理計画における並列計算」という本を2001年に出版しました。ほかに、プログラミングや統計学、数学に関する教科書も執筆しています。 ・2010年ごろから、滋賀県立琵琶湖博物館と共同で、水田に生息する甲殻類の一種である大型鰓脚類の調査研究を行っています。自然環境の変化や人間の活動の影響により、種がどのように盛衰するかを明らかにする研究にも、確率論や統計学などの数学的手法を応用できます。

略歴

1984年(昭和59年) 3月 
京都大学工学部数理工学科 卒業(工学士)
1986年(昭和61年) 3月 
京都大学大学院工学研究科数理工学専攻修士課程 修了(工学修士)
1986年(昭和61年) 4月 
川崎製鉄株式会社 入社(~1995年(平成 7年)12月)
1992年(平成 4年)10月 
株式会社エイ・ティ・アール人間情報通信研究所(~1995年(平成 7年) 9月)
1996年(平成 8年) 4月 
高松大学経営学部 助教授
1997年(平成 9年)11月 
京都大学 博士(工学)
2001年(平成13年) 4月 
関西大学工学部 助教授
2007年(平成19年) 4月 
関西大学環境都市工学部 准教授
2010年(平成22年) 4月 
関西大学社会安全学部 教授