KANSAI UNIVERSITY

2/16(金) 2017年度「卒業研究」発表会を実施しました

【氏名】以下本文参照 / 【受賞年月日】2018年2月16日 / 【大会・団体名】社会安全学部 / 【受賞名】最優秀発表

 2月16日(金)4年次必修科目である「卒業研究」の発表会を行いました。
 発表会は、各教室に分かれて1人あたり発表6分、質疑応答4分の計10分間に精魂を込めて発表します。
 入学してきた4年前と比べ、逞しく成長した学生たちの姿を見ることができました。
 発表終了後には各教室の最優秀発表者の表彰が行われました。
 最優秀発表者は以下のとおりです。



●最優秀発表者
 <越山ゼミ>
  上野 咲映里
  塚本 泰暉
  辻野 まりな
  西端 優介

 <高鳥毛ゼミ>
  西垣 賢治

 <髙野ゼミ>
  近藤 志保

 <高橋ゼミ>
  川崎 誠也
  小池 彩加

 <土田ゼミ>
  野田 凌平

 <永松ゼミ>
  荒木 晴菜
  辻 萌奈美

 <林ゼミ>
  奥田 佳菜
  門傳 光一

 <河野ゼミ>
  片山 知明

 <小山ゼミ>
  奥野 隼人
  橋本 優生
  脇田 大輔

 <近藤ゼミ>
  植竹 遥
  長谷川 奈々
  広渡 稚菜
  松山 奈月

 <菅ゼミ>
  森 彩貴

 <元吉ゼミ>
  冨士 加央梨

●最優秀発表者のコメント
 「2年間取り組んだことが評価されて嬉しいです。」
 「ゼミ生の皆さんと先生にはお世話になりました。ありがとうございました。」
 「頑張った甲斐がありました。越山先生に感謝。」
 「越山先生に感謝。」
 「やりきりました!」
 「実験に協力してくれた方々のおかげだと思っています。」
 「この研究に関わってくれた全ての人に感謝して、これからも頑張っていきたいです。」
 「先生と後輩、同期のおかげで新しいことに取り組むことができました。ありがとうございました。」
 「2年間やってきたことがこういう形で表彰されて素直に嬉しいです。」
 「(賞が)取れると思っていなかった!びっくりしている。やっていてよかった!」
 「自分が好きで興味があることを研究して、評価された。すごく嬉しいです。」
 「自分は受験で国公立大学に落ちてここにきた。その分ここで頑張ってきたことが形になった。」
 「すごく嬉しい。いろんな人に感謝している。個人個人の研究だが、みんなで高めあえることができた。よかった。」
 「仲間と一緒にやって結果を残せた。ありがたいです。いつもボランティアをしていてもやるせない気持ち(一人だとなにもできない、したとしても被災地を救えない)を抱えていました。自分の思いを形にすることができて嬉しいです。びっくりしています。」
 「去年の中間発表から続けて2年間やってきた研究です。いろんな先生に協力をしてもらい、とてもありがたく思っています。」

写真1 写真1
写真1 写真1
写真1 写真1
写真1 写真1
写真1 写真1