KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

その夢、シャガクでかないます

社会学専攻4年次生 森 寛大さん
社会学専攻4年次生 森 寛大さん

将来なりたいものはありますか?

高校の頃からダンスに興味があり、プロをめざしてオーディションを受けるなどの活動をしてきましたが、もっと人との繋がりを作りたいと思って、大学進学を決意。幅広い分野の勉強ができると聞いた社会学部に入学しました。将来はアーティストとして活動していくつもりです。ダンスを通じて自分の世界を表現するために、技術とともに人間性を磨きたいと考えています。

そのために何か取り組んでいることはありますか?

難病の当事者団体を主催している人の講義を授業で聞き、命の選別や世間の無関心という重いテーマを生き生きと明るく話す姿に、強い印象を受けました。その場で声をかけたことが、障がい者の方々との交流を始めたきっかけです。さらに「障がいがあってもなくても、一人一人の違いを大切にしたい」という想いから、自分が所属するアーティスト集団に呼びかけて、パフォーマンスを実施。その活動はLINEのニュースに掲載され、新聞にも取り上げられています。学びを通じて、自分の表現の幅が広がりました。良いと思えることを追究していけるのが、大学という環境だと思います。

COCOLOBLAND Official Support Artist
として活動。

入学後に一番成長したと思う点はなんですか?

講義を通じ、また出会った人からさまざまな刺激を受け、自分とは何だろう、現在大学生である自分にできるアウトプットとは何だろう、将来はどうしよう等と、ものすごく真剣に考えるようになりました。大学は、自分を客観的に見つめ直すきっかけになっていると思います。

入学前と現在を比べて、社会学部の印象は変わりましたか?

入学する以前は、ダンサーになる自分が大学へ行く意味は何だろうと思うことがあったし、アーティスト仲間にも聞かれることがありました。 しかし入学後、社会学部にさまざまな活動スタイルや、価値観をもった教授陣が揃っていて、学びの選択肢がとても広いということを発見。大学生になったから、授業を通じて得た経験を学外の仲間にもフィードバックできたし、多様な立場の人と知り合うことで、人間性の面でも人と響き合うことができました。社会学部はインスピレーションをもらえる学部だと思います。

「一般社団法人ぐるり」と「同世代アーティス
トクルーM25」のイベントの様子。

My Favorite

おすすめスポット

悠久の庭
人工芝とは思えない、自然な雰囲気のオープンスペース。おしゃべりしたり、読書したりと、くつろぐ人たちでいつも賑わっています。

いち押しランチ

ソシオボウル
社学カフェソシオのおすすめランチ。ご飯の上にメインの肉料理とたっぷりの野菜サラダが乗った丼。がっつり食べたいならこれ!