KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

原理を理解し、応用できる技術力や問題解決能力を培う。 原理を理解し、応用できる技術力や問題解決能力を培う。

新幹線や飛行機、宇宙ロケットからパソコンや家電製品、人工臓器など、多種多様な機械装置については物質的機能、エネルギー的機能、情報処理的機能の存在が必要であり、本学科ではこの3つの機能それぞれの基本原理の理解と応用技術の習得をめざします。そこで、機械製作に必要な材料や力学特性、エネルギー変換の原理と技術、運動や振動現象などについて理解するとともに、機械を構成する要素や機構の設計、組み立て方法、更に情報・計測・制御の基礎理論についても学習。多くの実験・実習を配し、自ら考え解決する力を養います。

学びのスタイル

理工学研究科 システム理工学専攻
博士課程前期課程 2年次生
北川 真佑帆

研究テーマ

ワイヤメッシュセンサを用いた気液二相流のボイド率計測

火力発電所の蒸気発生器を模した装置をつくり、センサに工夫して、気体と液体の流れ方を解析。 火力発電所の蒸気発生器を模した装置をつくり、センサに工夫して、気体と液体の流れ方を解析。

私たちの研究室は、学科で培ってきた設計、加工、組み立て、電気回路といった知識とスキルを駆使し、実験装置を一からつくるのが特徴です。私の場合は気体と液体の流れ方を解析するセンサを手づくりしました。こうした解析は、沸騰現象のより詳細な把握につながり、結果的に火力発電所などの効率化を図るのに役立ちます。センサの仕組みは、熱流体を流す管の径に張ったワイヤで、内部を測定するというものです。目標に沿って設計し、材料を加工して組み立てて、計測器やパソコンモニターと電気回路でつなぎます。電気を流して電圧を調べれば、気体と液体の割合を数値化でき、流路を見ることも可能です。難しいのは熱流体の流れが乱れないように直径20μmという髪の毛の5分の1程度の極細ワイヤをメッシュ状に張ること。試行錯誤の連続ですが、3年次の秋学期からゼミ配属を希望するほど研究が楽しみだったので、先生方のアドバイスを参考にトライし続けています。私のひらめきで条件を変えてみてセンサの機能が高まったときは、とてもうれしかったです。大規模な装置への憧れがあるので、将来は飛行機や火力発電所といった、多くの力を結集させるダイナミックなものづくりに関わりたいです。

多彩な実験に挑める、実習が好きな人向きの学科。幅広い知識が身につき、社会からも期待されます。

4力学を中心に機械工学を学び、さまざまな専門科目で工学全体をカバーし、化学など異分野とのコラボも多い学科です。吸収すべきことは多岐にわたり、学生一人ひとりが自らの研究に合わせてものづくりを体験できます。総合力が身につくため社会でも応用がききやすく、自動車や家電のメーカーのみならず社会インフラに関わる重工メーカーや電力会社などで力を発揮できます。

機械工学科 網 健行 准教授

学びのキーワード

【しくみを学ぶ:力学】
【しくみを創る:技術】
【しくみを活かす:知識】

授業Pick upはこちら

コース紹介

機械科学コース

主に機械の物質的、エネルギー的機能の根幹を成している基本原理の理解と、その応用技術の修得をめざすコースです。機械科学コースでは、どのような機械でも、それを作り使用するときに必要な基本事項を科学的な原理からしっかりと学べるため、卒業後はあらゆる産業界での活躍が期待できます。

機械システムコース

知覚、知能、運動制御といった機械の情報処理的機能に関する諸原理の理解と、その応用技術の修得をめざすコースです。卒業後は、機械、電気、情報、人間(生物)などの融合化・システム化を扱う本コースの特徴を生かして、機械系のみならず電気系、情報系、医療系などのさまざまな業種で研究・開発を行うエンジニアになることが期待されます。

  • 磁気ヘッド表面に形成したカーボンナノチューブ

  • 中性子線を用いた熱流動現象の定量評価

  • 音や波、振動を発生する研究対象

  • 知覚色情報による色認識可能なロボット

  • 操作意図を検出するステアリングシステム

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

中学校教諭一種免許状〔数学・理科〕、高等学校教諭一種免許状〔数学・理科・工業〕、司書、司書教諭、学芸員

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

所定単位を修得すると在学時から受験資格が得られるもの

甲種危険物取扱者

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

機械工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ