KANSAI UNIVERSITY

システム理工学部

学術情報一覧 表彰・受賞一覧 -教員- 学術情報一覧 表彰・受賞一覧 -教員-

電気電子情報工学科 梶川 嘉延 教授がAsia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA)においてSadaoki Furui Prize Paper Awardを受賞

氏名

梶川 嘉延

所属

理工学研究科 システム理工学専攻 電気電子情報工学分野(音情報システム研究室)

受賞年日

2017年12月13日

大会・団体名

Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA)

受賞名

Sadaoki Furui Prize Paper Award

研究テーマ等

Recent Advances on Active Noise Control: Open Issues and Innovative Applications

賞の概要

Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA)は信号・情報処理に関するアジア太平洋地域を中心とする国際的な学会組織である。毎年、APSIPA Annual Sumit and Conferenceを開催するとともにAPSIPA Trans on Signal and Information Processingという国際的なジャーナルも発行しており、当該分野における中心的な国際的組織として広く認知されている。今回受賞した賞は本学会における最高位のAwardである。受賞対象は本学会が発行するAPSIPA Trans on Signal and Information Processingにこれまでに掲載された原著論文であり、毎年1件のみ授与される。今回受賞対象となった原著論文は上記ジャーナルに2012年に掲載されたものである。掲載後、多くの論文において引用されており、当該ジャーナルにおいては2番めに高い引用数を誇っている。本論文では騒音を音で制御するアクティブノイズコントロールに関して最近10年間の進展ならびに最近の話題について網羅的かつ詳細に紹介しており、当該分野においては重要な論文として現在では広く知られている。そのような背景により今回の受賞に至った。

このページの先頭へ