KANSAI UNIVERSITY

卒業生からのメッセージ

学部の学びを活かして幅広い分野で活躍中

卒業生の多くは、公務員、流通、金融、メーカー、マスコミなど幅広い業界で、在学中に培った力を発揮し活躍しています。
社会で挑戦し続ける卒業生からのメッセージをご紹介します。

一般企業

株式会社朝日新聞社

情報収集や資料作成、プレゼンテーションなど。政策創造学部で磨いたスキルが、就職活動という自己表現の場で役立ちました。

 1年次からゼミ重視のカリキュラムが展開される政策創造学部。情報収集、資料作成、プレゼンテーションなど、早くから身につけた知識とスキルは就職活動でも大いに役立ちました。中学生の頃から新聞を読み、ゼミでも新聞を活用していた私は、就職先もマスコミ業界、特に新聞社を志望。記者のイメージが強い新聞社ですが、インターンシップで販売や企画事業など、さまざまな職種があると知り、私もその一員としてジャーナリズムを支えたいと強く思いました。第一志望を朝日新聞社に決めた後は、インターンシップで知り合った他大学の学生と定期的に勉強会を実施して、採用試験に備えました。エントリーシートの自己PR欄を新聞風にまとめたり、面接でしっかりと自分の考えを伝えられるように、実際に効果があった過去紙面の事例を調べ、企業研究を進め、無事内定をいただくことができました。インターネットで簡単にニュースが手に入る時代ですが、新聞記者の深く鋭い取材力、地域とつながる配達力など、新聞が温かみのある情報発信源であることを伝えていきたいと思っています。

私のターニングポイント
私が1年次生の時に東日本大震災が起こり、その際に被害状況をいち早く伝えたマスメディアに強い関心をもちました。また、ゼミの発表準備を進める際に、その瞬間ごとに物事を深く掘り下げて記録する新聞に魅力を感じるように。新聞に対する関心が高まるなかでインターンシップに参加し、経営、販売面から情報発信を支えたいという思いが明確になりました。
行動力を高めた4年間
1年次国際問題を扱う科目を中心に受講して、世界と日本の違いを実感。
以前から関心があった国際系の科目を中心に受講。難民問題など生死に関わるテーマを学ぶなかで、世界と日本の現状には、大きなへだたりがあると感じました。
2年次学生と高齢者の交流会を企画。 地域活性につながる取り組みを経験する。
地域活性化をテーマにしたフィールドワークに取り組み、私の所属したチームでは、関大生と地域の高齢者の方々数十名との交流会を企画。ゲストによる落語の披露も交えた和やかな会に。貴重な経験となりました。
3・4年次新聞記者による授業を受けて、読解力や文章力がアップ。
新聞記者の先生によるスタディスキルゼミ「新聞で学ぶ」を履修。この講義では読解力や文章力を伸ばすことができました。卒業論文では日本の政党を取り上げました。
西日本電信電話株式会社(NTT西日本)

先輩・後輩のつながりが深いのが政策創造学部の魅力のひとつ。身近な目標として、先輩方からは多くの刺激をもらいました。

 多くのフィールドワークに取り組むゼミに所属。私たちのチームは、鰻谷商店街(大阪市東心斎橋)の活性化に取り組みました。年代の異なるさまざまな方と触れ合い、人間関係を築くところからスタートし、最終的には私たちが企画した物産展を商店街で開催。ここで体験し、学んだことは、面接試験でのいいアピール材料になりました。また、政策創造学部は、先輩・後輩とのつながりが深いのも魅力です。ゼミの所属に関係なく、先輩方からは就職活動の相談に乗っていただいたことをはじめ、身近な目標として多くの刺激をもらいました。OG・OB訪問では、社会で活躍されている30名以上の卒業生の方を訪問。自己PRを聞いていただき、アドバイスをいただくなかで内容を磨くとともに、論理的に意見を伝える習慣も身につけられました。就職先のNTT西日本は情報通信という生活に欠かせないインフラを担っています。そのなかで、新しいライフスタイルを提案できるような仕事を手がけるのが将来の目標です。

私のターニングポイント
長く仕事を続けたいと思っていたので、女性が働きやすい企業への就職を考えていました。その観点から当初は金融業界を志望していましたが、情報通信系のNTT西日本を志望するようになったのは希望する条件が整っていたことと、同じゼミの先輩が働いている会社だったことが大きな決め手に。何事にも全力で取り組む先輩の姿は私の憧れで、その先輩と同じフィールドに立ちたいと強く思いました。
行動力を高めた4年間
1年次先輩への憧れから学園祭実行委員会に参加。
1年次から学園祭実行委員会に参加。勧誘してくださった先輩がすごく輝いていたので、「私もこうなりたい!」と委員会に入ることを決意しました。
2年次学園祭実行委員会の局長に就任。ゼミ活動がスタートする。
ゼミ活動で商店街の活性化に取り組みました。学園祭実行委員会では局長に就任し、新入生歓迎行事においての全体指揮などを手がけました。
3・4年次「第1回大阪マラソン」での国際結婚式を企画し、成功させる。
ゼミでは商店街の活性化プロジェクトのほか、「第1回大阪マラソン」で外国人ランナーによる国際結婚式を企画。見事、成功させました。
アサヒビール株式会社

仕事を通じて信頼関係を築き、自分自身の成長を実感しています。  ディスカウントストアや業務用スーパーに向けて、新商品を提案したり、季節ごとの売り場づくりを行っています。この仕事の魅力は、仕事を通じてお客様と信頼関係を築くことができ、その過程で自分自身も成長できる点にあります。お得意先の店舗に何度も足を運んでいくつもの提案を行い、売上に貢献できたときは、大きな信頼をいただくことができました。在学中に学んだ、常に挑戦し続けることの大切さを、これからも仕事に生かしていこうと思います。

株式会社ベネッセコーポレーション

私しかできない企画をつくり、お客様に商品の魅力を伝えることを心がけています。  小学生向け家庭用教材をお客様に利用いただくために、ダイレクトメールやWeb広告の制作を手がけています。広告では商品の魅力を伝えることが大事ですが、私はそこにプラスして自分の想いを広告物に込めることを大切にしています。常に高いクリエイティブを実現するのは簡単ではありませんが、さまざまな課題をクリアし良い広告物をつくれたときは大きなやりがいを実感します。学部での学びで身につけた「私にしかできないことをする」という意識を今後ももち続けていきたいですね。

東海旅客鉄道株式会社(JR東海)

命を預かる重い責任を受け止めながら、「チームの力」で魅力ある鉄道をめざします。  東海道新幹線の運転士として、東京~新大阪間を運行する列車に日々乗務しています。お客様全員の命と財産をお預かりしながら、遅延なく目的地まで運転するという責任の重い仕事です。プレッシャーを感じますが、自らの手で多くのお客様をお運びし、日本の大動脈を支えられるこの仕事に強く誇りを感じています。
 大学では主に、地方都市活性化のための方策や観光学を学びました。各交通機関がさまざまな工夫を凝らして外国人旅客に対応していることを知り、印象に残っています。今後、東海道新幹線をさらに魅力あふれる鉄道に発展させるには、お客様に最も近い現場の視点が重要です。安全輸送はもちろん、快適に過ごしていただけるよう、ニーズに目を光らせることが欠かせません。政策創造学部で学んだ観光の新たな可能性をさらに模索、提案していきたいと考えています。
 在学中はアーチェリー部の主将を務めていました。全日本大会に団体で3位入賞できた経験から、「チームの力」が持つ偉大さを実感。数多くの手が列車の運行を支えている鉄道業は、まさにチーム戦です。今後は新事業「リニア中央新幹線」の運営にも携わって、いつまでも「チーム」で仕事をしていきたいと思います。

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)

最新の通信技術で、お客様の期待を超えていく。それがこの仕事の醍醐味です。  地域活性化につながる仕事がしたいと考え、通信で地域生活を支えるNTT西日本で働いています。現在は、中小企業から大企業まで幅広いお客様の経営課題を解決するコンサルティング営業を行っています。やりがいは、お客様も気付かない潜在ニーズ(課題)を引き出し、新たなテクノロジーで要求や期待を超える解決策をご提案できることです。
 例えば、私が担当するショッピングモールでは、従来、利用者に対してポスターにて告知していた新店オープンやセール情報などを光ネットワークとデジタルサイネージの導入により、季節や時間帯に応じた掲示に一新することができました。その結果、街の魅力が高まり集客数や各店舗の売上げ向上につながりました。『通信による新たなビジネススタイルのご提案でお客様の経営や業務を革新できること。』これがNTT西日本の営業職ならではの魅力です。今後はサービス開発や他企業との提携を通じて、『時代を先駆けるライフスタイル』をご提案し、より多くのお客様に喜んでいただくことが目標です。そしていずれは、地域活性化を推進する一員として、通信による『新たなまちづくり』に貢献したいと思っています。

全日本空輸株式会社(ANA)

各国の文化や国民性を知ることでお客さま一人ひとりに合わせたおもてなしを。  学生生活を通して、多様な人との出会いが自分を成長させてくれると考えるようになり、グローバルに活躍できる客室乗務員を志望。英語力をつけるため、2年次まで第2言語として履修していた「プロフェッショナル英語」の教材を活用し、何度も復習してTOEIC対策を行いました。入社してさまざまな国のお客さまと接する中で、英語以外の言語の必要性も感じており、中国語や韓国語を習得していきたいと考えています。
 在学中は歴史、文化、政治など幅広い角度から世界各国の特徴を知り、それぞれの国の国民性を学ぶことができました。この経験は、お客さまの価値観や考え方に合わせた柔軟なサービス提供に役立っています。これからも多様な国の文化について学び続け、教養を深めていきたいと考えています。
 大学生活の4年間は、あっという間に過ぎてしまいます。学生の皆さんには、自分が挑戦してみたいことは後回しにせず、小さなことでも行動に移して没頭することで、充実した4年間を過ごしてもらいたいと思います。

公務員

橿原市役所

法律や政治をはじめ、学部での学びが直接的に公務員試験にも役立ちました。

 政策創造学部では、公務員試験の必須科目である法律や政治、経済といった分野を幅広く横断的に学ぶことができます。私は3年次から大学のリードセンターが開講している公務員講座を受講しましたが、より専門的な領域を学ぶにあたって、学部で学んだ基礎の知識が大いに役立ちました。また学部が主催する政策公務セミナーでは、相談会や合格者の方との対話会などを体験。合格された先輩からは、出願に関するアドバイスや面接対策など、他では得られない多くの助言を得ることができました。またセミナーを通じて、同じ目標をもつ仲間と出会えたのも大きかったですね。情報交換したり、自治体研究として気分転換も兼ねて観光名所を回ったり、仲間の存在が試験勉強のいい励みにもなりました。勤務先となる奈良県橿原市は、現在「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の世界遺産登録をめざしています。その観光資源を最大限に生かしながら、学部で学んだ観光政策の知識も活用し、市の発展に貢献していければと思います。

私のターニングポイント
地方自治などの仕事について学ぶ講義をはじめ、学部の学びを通じて公務員という職業に興味をもちはじめました。また公務員をめざしておられたゼミの先輩から、公務員試験についてわかりやすく教えていただいたことも、その気持ちを後押ししてくれましたね。そして、3年次からリードセンターの講座や政策公務セミナーを受講し、本格的に試験対策に取り組み出しました。
東京国税局

学部での学び、一緒に励まし合える仲間。すべてが公務員をめざす私の大きな支えになりました。

 公務員試験対策は、効率的な勉強が重要だと言われますが、私は他の公務員志望の学生に比べると、やや出遅れていたかもしれません。公務員をめざそうと明確に意識したのは、2年次の後半に差しかかったころでした。それまでは、公務員試験を意識して受講するとか、公務員の勉強に備えて単位を早めに取り終えておくといったことを、一切考えませんでした。しかし受験勉強を始めてみると、政策創造学部で学んできたことが、予想以上に役立つことに気付きました。経済学や行政学、民法など、導入科目や基幹科目で受講した内容が、そのまま試験対策の基礎になったのです。独学で対策を進める私にとって、基礎が理解できていることが大きな支えになりました。また、同じ目標をめざす仲間の存在も欠かせません。試験に関する情報を共有し、励まし合えたことで、長期にわたる受験勉強を乗り切ることができました。今後は国税局の職員として、市民の人々から企業の方まで、世の中のさまざまな人と出会いを重ねることで、人間的に成長していきたいと思っています。

私のターニングポイント
入学後に受講した導入ゼミで、日本の教育制度をテーマに選択。いろいろと調べるうちに、教育への信頼が揺らいでいる現状を改善するには、教員の質の向上が不可欠だと考えるようになり、その改善に公務員という立場から関わりたいと思うようになりました。結果的には、異なる分野に就職することになりましたが、この教育への思いが、受験勉強を続けるモチベーションになりました。
財務省 神戸税関

不正輸入を水際で防ぐために、あらゆる事態を想定して業務にあたっています。  所属している神戸税関の監視部取締部門では、覚せい剤などの不正薬物をはじめとする、日本に輸入が禁じられているものを水際で取り締まるために、神戸港に着いた貿易船の船内や乗組員の所持品を検査することが主な業務です。有事には即座に対応することが求められるため、日夜、あらゆる事態を想定して準備を重ねています。業務上、さまざまな国の人たちと関わることが多いので、在学中に国際事情について学んだことが大きなアドバンテージになっています。

摂津市役所

学部で学んだ姿勢を生かしながら、日々の業務に取り組んでいます。  交通事故を未然に防ぐために、市民の方に対して交通安全の意識を高めてもらう施策を行っています。例えば、警察署と連携して交通安全教室を開催したりするのも仕事の一つです。印象に残る企画を実施しながら、子どもから高齢者まで幅広い年代の方に安全の大切さを伝えています。業務で意識しているのは、現状の活動に満足せず、常により良い方法を探ること。ゼミの研究を通して培った自ら考え行動する姿勢を、仕事でも生かしながら、事故のない生活を実現していきたいと思います。

日向市役所

住民全員にとって公平な税負担の実現を通して、安心できる地域づくりに貢献したい。  生まれ育った地元、日向市役所で国民健康保険税の課税、および徴収などの事務を担当しています。国民健康保険税は、所得などに応じて加入者が公平に負担することが原則ですが、なかには滞納している方もいるのが現実です。こうした方と、滞りなく納税している方との間に生まれる不公平を是正することが、私の仕事の目標です。
 財産がありながら納税されない方については、財産などの差し押さえに及ぶ場合もあり、批判や不満をぶつけられることもあります。しかし、健康保険制度は人びとの暮らしを支える重要な仕組みであり、全員が公平に税負担をするなかで住民福祉の向上を図り、日向市を安心して生活できる市にすることが大切だと考えています。
 現在、日向市においても厳しい経済状況が続いています。私は一度地元を離れ、大阪で学生生活を送った身であるからこそ、日向市の良さ、独自の魅力を強く感じるようになりました。今後は市の職員として、地元の活性化に貢献していきたいと考えています。

神戸市役所

神戸市をより素敵なまちにするために市民の目線で仕事にあたります。  神戸市役所で下水道事業の経理を担当し、予算編成や決算作業を行っています。私たちの生活に必要不可欠なインフラである下水道に関わって知識を深められること、見えないところで市民の生活を支える仕事ができることにやりがいを感じています。
 市役所職員という仕事をめざすきっかけになったのは、在学中に受講した都市計画に関する講義でした。都市構造などについて学ぶうちに、まちづくりに興味をもったのです。公務員試験には憲法や民法、行政法、経済学などの科目がありますが、学部の授業でそれらにも触れることができ、試験を受ける上で大変役に立ちました。また、勉強のほかにも、神戸のまちを良く知るために実際に訪れ、肌で感じることを大切にしながら準備を整えました。
 これからもできる限り現場を訪れ、市民の皆さんと同じ目線で職務を全うすることで、神戸市をより素敵なまちにできたらと考えています。

ページトップへ