KANSAI UNIVERSITY

政策公務セミナー

各種公務員試験を志す学生を徹底サポート

政策創造学部では、政策公務職に携わることを目標としている学生に対して、政治、経済、法律を広く網羅したカリキュラムを展開しています。そして、それぞれの目標に合わせた公務員試験対策をより充実するために、政策公務セミナーを実施しています。

政策公務セミナーの主な取り組み

政策公務セミナーでは、学生が各種公務員試験に向けて十分な対策が図れるように主に次の取り組みを行っています。

1「政策公務コース」の設置

「政策公務セミナー」の一環として、導入ゼミⅡ(1年次生以上)、専門導入ゼミⅠ、Ⅱ(2年次生以上)内に「政策公務コース」を設けています。将来何らかの政策公務職にたずさわることを目標としている学生が、法律学・経済学などの初級~上級レベルの知識を身につけることができるよう、専門の教員が少人数できめ細やかな指導を行います。

■ 政策公務研究 Ⅰ・Ⅱ

政策公務研究は、政策公務セミナーの一環として開講される特殊講義です。将来政策公務職(国家公務員、地方公務員など)に携わることを目標にしている学生が、政治学、経済学、法律学の内容について学びを深めていくことを目的としています。

2学生に対する学習指導、相談

もっと身近に、もっと詳しく、わからないことを質問したい ― そうした会員学生のニーズに応え、政策公務セミナーでは学習相談も行っています。教員が個別の質問や進路相談に応じ、さらには公務員試験に合格した4年次生との対話会も実施して、会員学生のキャリア・デザインを強力にサポートしています。

3自習室の利用

第1学舎5号館1階には自習室があります。政策公務セミナーでは、会員学生にこの自習室の積極的利用を推奨しています。自習室には公務員試験、さらには学部の専門科目の勉強やゼミ活動に役立つ文献を取り揃えています。「継続は力なり」。授業の合間も時間を惜しみ、コツコツ勉強することが何より大切です。

教員からのメッセージ

一緒に励まし合える仲間の存在が、勉強のモチベーションにつながります。 公務員試験に合格するためには、様々な研究分野を理解する必要があります。3年生の専門演習から研究分野をある程度絞って勉強を進める学生とは異なり、公務員試験の勉強を進めていくうえでは様々な困難に直面すると思います。そのような悩みを解決するにあたり、切磋琢磨できるような友人や適切なアドバイスをしてくれる先輩・先生を持つことも大切です。このような環境を手に入れるためには、学部の講義だけではなく、政策公務セミナーの会員になることや、関西大学が提供しているリードセンターのプログラムを受講することが必要になります。公務員を目指している人は、積極的にこのような環境を利用するようにしてください。政策創造学部 政策公務セミナー委員会委員 宮下 真一 教授

公務員進路状況

国の機関に勤め、国政に携わる国家公務員、地方公共団体に勤め、主に地域に密着した仕事をする地方公務員。これらの職に携わるためには公務員試験に合格することが必要です。政策創造学部では、政策公務セミナーなどの取り組みもあり、めざましい成果をあげています。

国家公務員
  • 国税専門官
  • 国家公務員一般職
  • 財務専門官
  • 刑務官
地方公務員
  • 尼崎市職員
  • 猪名川町職員
  • 愛媛県職員
  • 大阪市職員
  • 大阪府職員
  • 香川県職員
  • 川西市職員
  • 京都府職員
  • 神戸市職員
  • 静岡県職員
  • 吹田市職員
  • 田原本町職員
  • 東京都特別区職員
  • 奈良県職員
  • 奈良市職員
  • 兵庫県職員
  • 米子市職員
  • 大阪市教員
  • 兵庫県警察官

(2017年3月卒業生実績)

ページトップへ