関西大学 文学部

文学研究科

博士課程前期課程(映像文化専修)

映像文化専修は、グローバルな映像文化の歴史的展開や文化的背景を総合的に研究する専修である。近現代の文化・社会を理解するためには、映像の理解が欠かせない。映像美学方面のより専門的な知識を修得すると同時に、映像文化が持つ地域的特性や歴史的展開について理解を深め、幅広く柔軟な思考による映像分析を可能とする人材を育成していく。

映像文化研究

映画だけでなく多様な視覚メディアを対象に、美学的、哲学的、歴史的、社会的、文化的なアプローチから視覚メディアを包括的に研究することを目指す。映像は映画、テレビ、インターネットという流れで社会において浸透してきたが、他方では現代アートのように映像の先鋭的な表現も生み出されている。各文化圏における映画史、古典的な映画理論から映像メディアまでをも含めた理論的探究などもふまえ、領域横断的なアプローチで映像文化を研究する。演習では専門的視野のさらなる拡大と研究の方法論の向上をめざしつつ、資料収集のスキルの修得や、各自の研究テーマに沿った論文指導を行なう。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 笹川 慶子教授

    研究テーマ:日本とアメリカの映画産業史

    おもに製作、配給、興行の変化の美学的文化的側面、アジアにおける日本およびアメリカ映画の影響を研究。ほかに映画製作の地方史、映画配給のグローバル史、映画館の文化地理史など。

  • 菅原 慶乃教授

    研究テーマ:中国語圏映画史

    近年は次の領域に焦点化した研究を行っている。①映画配給興行網と人的ネットワークの形成、②映画興行形態の変遷、③映画とその隣接領域を含めた視覚文化の諸相、④アメリカの東アジア映画界への関心。

  • 堀 潤之教授

    研究テーマ:フランスを中心とする映画史・映画理論の総合的研究

    私が最も強い関心を向けているのは、ジャン=リュック・ゴダールの半世紀以上におよぶ仕事であるが、それに関連して、ヌーヴェル・ヴァーグとその前史、フランスを中心とする映画・映像理論、映画と現代美術の関係、さらにはニューメディア研究にも興味がある。

  • 門林 岳史准教授

    研究テーマ:映像の理論・メディアの哲学

    映像とメディアをめぐる近年の理論的言説を、とりわけマーシャル・マクルーハン以降のメディア論の展開に重点をおいて研究している。また、テクノロジーに向かう想像力の歴史的布置を言説や作品、文化表象の分析を通じて考察している。