関西大学 文学部

文学研究科

博士課程前期課程(文化共生学専修)

現今、「共生」という言葉がマスコミ、企業、自治体などで用いられているが、これは現代のキーワードのひとつである。文化共生学専修ではヨーロッパと日本をフィールドにし、異文化理解、比較文化論、マイノリティ(少数民族)論、ジェンダー論、サブカルチャー論などから「文化」と「共生」の問題を研究する。テーマは多種多様ではあるが、学生諸君の関心のある問題を特化したかたちで、ゼミ運営をおこなう。

文化共生学研究

異文化理解、比較文化論、マイノリティ(少数民族)論、ジェンダー論、サブカルチャー論という4つのカテゴリーを中心に専門的な講義をおこなう。具体的テーマはヨーロッパの「異教」とキリスト教の文化接触、植民地主義とナショナリズム、ヨーロッパの共生思想、日本とヨーロッパの祭りの比較、民間伝承、魔女とジェンダー、移民や環境問題、旅行論と紀行文学、EU問題、食文化、風俗文化史など多岐にわたるが、各教員の専門領域にシフトした内容となっている。地域としてはヨーロッパ西部、とりわけフランス、ドイツ、トルコ、イタリア、地中海沿岸などの文化をメインとしている。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 柏木 治教授

    研究テーマ:フランスを中心とするヨーロッパ近代の文化イデオロギーの研究

    ヨーロッパ近代、とくにフランス革命以降の社会風俗、外国人嫌悪、異国感情、他者意識などをテーマとし、文芸やジャーナリズムの言説の分析をとおして、ナショナリズムや植民地イデオロギーの展開、さらにはそれらと今日の移民問題との関係を研究している。

  • 澤井 一彰教授

    研究テーマ:トルコを中心とする地中海・イスラーム地域研究、自然災害史研究

    ①トルコを中心とする東地中海や中東の地域研究

    ②東地中海から中東にかけての地域で発生した(あるいは現在もしている)経済的・文化的な事象を、歴史学的な視点から解明することを目指している。とくに食文化などの日常生活の変化や自然災害からの復興のあり方に関心をもって研究を進めている。

  • 澤井 茂夫教授

    研究テーマ:異文化接触論と風俗文化論の観点から、文化共生を考えてみる。

    具体的には以下のとおりである。
    ①イタリア・ルネサンス期の文化、政治、経済社会についての考察を深め、当時の文化的潮流が汎生命論的・汎感覚論的な世界有機体説に則っていることを思量する。②実際の授業では、イタリア・ルネサンス期を扱った邦語文献(翻訳も含む)を輪読することと、当時の文化を論じた英語・イタリア語文献を精読して、英語力の増強も狙いとする。

  • 森 貴史教授

    研究テーマ:ドイツ文化論、ヨーロッパ紀行文学

    英米のカルチュラル・スタディーズとは一線を画するドイツの文化研究理論の実践による日本の現代文化・サブカルチャー研究や、17、 18世紀ヨーロッパで書かれた紀行文学、探検航海記、ユートピア文学の文化史・時代史的視点による研究。

  • 溝井 裕一准教授

    研究テーマ:ヨーロッパ民間伝承、西洋文化史、人と動物の関係史

    ヨーロッパの民間伝承を中心に、その底流にある世界観、異界観、ジェンダー意識などについて考察を展開している。最近は、「人と動物のかかわり」を手がかりとしつつ、東西文化を見なおす取り組みを精力的に行っている。