教員紹介民事訴訟法

[民事訴訟法]教授栗田 隆

  • 専門分野

    民事訴訟法

  • 研究テーマ

    実体法と民手続法との交錯領域(債権者代位、証明責任、共有、相殺など)を研究する。

  • 学部ゼミ紹介

    判決手続を中心にして、民法と手続法との交錯領域を2年間学ぶ。3年次は『民事訴訟法判例百選』を読み、4年次には、「手続法の知識が必要な財産法上の判例」を学んだ上で、卒業研究の報告会を行う。

  • 大学院演習科目紹介
    民事訴訟法研究(法政研究コース)

    学部で民法と民事訴訟法等を学んだ人を対象に、民法と民事手続法の交錯領域について研究する。講義では、時効、共有、相殺、債権譲渡といった問題を民事訴訟法の観点から検討する。受講生からの希望があれば、物上代位、法定地上権といった担保法に関する諸問題を民事執行法あるいは倒産法の視点から採り上げる。演習では、受講生が選択した研究テーマについて、受講生が順次研究報告する。最初は、判例報告を中心とし、次第に修士論文の作成の際に参照する論文の概況も報告し、修士論文の作成の準備とする。