KANSAI UNIVERSITY

教員紹介

HOME > 学部教員一覧

学部教員一覧

スポーツと健康コース

小田 伸午 教授

小田 伸午教授

研究分野

健康・スポーツ科学

担当科目

スポーツと健康、スポーツ運動学

研究内容

スポーツ科学は動作を外から観察、分析した客観的な学理です。動作者が実際に動作をする刹那(せつな)は、主観的な感覚で動き、感覚が残ります。客観と主観はときとして一致せず、ずれています。互いにずれた客観と主観をおおきく包んで、あたたかい調和を求めて研究しています。関大の学是、「学の実化」がここにあると考えています。

河端 隆志 教授

河端 隆志 教授教授

研究分野

スポーツ・環境生理学
運動・環境適応学

担当科目

体力科学、トレーニング論

研究内容

スポーツを愉しむための「からだの下ごしらえ」を科学の目で観ています。洗練されたスポーツ動作を常に高次元で実践するためには、様々な環境及び運動ストレスに対する自律性適応能を改善することが重要となります。ここでは、ヒトの制限因子を探ることから、様々な環境下での運動に対する適応能を生理学的視点で捉え、実践に繋がる研究を進めていきます。

雑古 哲夫 教授

雑古 哲夫教授

研究分野

バイオフィードバック、運動生理学

担当科目

臨床バイオフィードバック

研究内容

関西大学在学中、日本拳法部に所属し現在までに49の大会で優勝した。負けた試合もあるが、その原因は精神性のもろさであるとバイオフィードバックの研究で気づき、現在は、競技者の精神性を向上させる事により競技力を向上させようと考えている。何事にも前向きに一生懸命頑張ることが大切である。

.

杉本 厚夫 教授

杉本 厚夫教授

研究分野

スポーツ社会学、子ども文化論

担当科目

スポーツ教育学、地域スポーツデザイン論

研究内容

今やスポーツは、個人の楽しみを超えて、社会における経済や政治、教育などに大きな影響を及ぼす文化となってきました。とりわけ、メディアがこれらの社会的要因に対してどのような働きを持っているのかを社会学の視点から研究しています。

西山 哲郎 教授

西山 哲郎教授

研究分野

スポーツ社会学、文化社会学

担当科目

スポーツ社会学、スポーツ文化論

研究内容

スポーツをはじめとする身体運動文化と身体観の変容を社会学的な視点から研究しています。当面は、地域のプロスポーツチームの調査と、科学技術やメディア環境の変化に身体がどう影響されているかを調べています。

原田 純子 教授

原田 純子教授

研究分野

舞踊教育学、舞踊学

担当科目

身体表現と健康、身体表現論

研究内容

舞踊の創作活動において、人と人とのつながり、他者の個性を認め生かし合う「場」、創造的な自己表現がどのように生起するか、また自己表現活動が身心の健康に対してどのような意味を持つかについて研究しています。

.

三浦 敏弘 教授

三浦 敏弘教授

研究分野

健康・スポーツ科学、
人間行動文化学

担当科目

スポーツ方法実習V(武道2)
人間行動論

研究内容

身体運動文化の観点から武道の教育的な可能性を探ること、またプロジェクト・アドベンチャー施設を使った人間形成の教育的実践方法を生涯スポーツに融合させるなど、生活の中にスポーツを活かす様々な可能性を探っています。

村川 治彦 教授

村川 治彦教授

研究分野

身体性哲学、身体文化論

担当科目

身体文化と健康

研究内容

身体性に基盤をおいたスピリチュアリティの学際的研究を「一人称の科学」という枠組みに位置づけることを目指して、身体性哲学, 身体技法,身心の健康, ボディワーク, 気功などの研究活動を行っています。

涌井 忠昭 教授

涌井 忠昭教授

研究分野

健康・スポーツ科学、
レクリエーション

担当科目

福祉レクリエーション論、
レクリエーション支援論

研究内容

人々の生活にふれあいとやすらぎをもたらし、さらには生きがいをもつくり出すレクリエーションについて、社会福祉および介護福祉の視点から研究しています。また、介護労働者の生体負担に関する研究にも取り組んでいます。

.

弘原海 剛 教授

弘原海 剛教授

研究分野

運動生理学、運動処方

担当科目

スポーツ生理学

研究内容

現在は「糖質飲料水摂取が運動時の糖・脂質酸化動態に及ぼす影響」等の実験系の研究を進めるかたわら、高齢者を対象とした「生きがいと健康」を研究課題としています。運動生理学の知識をベースに、唄って踊れるエンターテイナーな運動指導者を育てることが夢です。そして、学生達と一緒に地域の健康づくり活動に貢献したいと思っています。

小室 弘毅 准教授

小室 弘毅准教授

研究分野

ホリスティック教育学、身体教育学

担当科目

身体教育学、学びの身体技法

研究内容

ヨガ、身体志向の心理療法等、「こころ」と「からだ」のつながりへの関心から、身心未分の「からだ」を人間の学びと成長の要と捉え、ホリスティックな視点で「腑に落ちる」学びのあり方を探究しています。専門領域はホリスティック教育学、教育方法学、身体論です。

志岐 幸子 教授

志岐 幸子教授

研究分野

感性論、スポーツと感性学

担当科目

スポーツ感性学、スポーツ心理学

研究内容

スポーツを中心とした様々な文化における「感性」にアプローチしています。例えば、トップアスリートたちがいわゆる「ゾーン」という言葉で語る、ベストパフォーマンスを生むことに関わる「感性」とは何か—「感性」の定義と仕組みを解明し、すべての文化の役割である“感動や幸福をもたらす条件”を感性の観点で研究しています。

.

谷所 慶 准教授

谷所 慶准教授

研究分野

健康・スポーツ科学

担当科目

スポーツ方法学、コーチング論

研究内容

各種トレーニングの刺激や指導方法が身体や運動パフォーマンスに及ぼす影響について研究しています。また子どもに対するスポーツの指導方法や、遊びと身体の関係について調査を進めています。

灘 英世 准教授

灘 英世准教授

研究分野

救急安全

担当科目

救急安全法

研究内容

BLS教育は一般市民だけでなく、学校教育の中で段階的に行なわれる必要があります。
その理由は、青少年においては、不慮の事故が突然死の原因としてあげられており、それらの原因の多くがBLSの実施で回避できるからです。学校教育においてのBLS教育の現状を調査するとともに、それぞれの教育環境に適合した、BLS教育と簡易蘇生法訓練人形による実技指導を行うことによって、生徒のスキル習得および倫理観などが、どのように変化するかについて研究を行っています。

森 仁志 准教授

森 仁志准教授

研究分野

文化人類学、文化史

担当科目

フィールド調査法、身体の文化人類学

研究内容

専門は文化人類学、研究テーマは多文化の共生です。
近代スポーツが、人種や民族をはじめ、ジェンダー、国家など、様々な水準における自他認識の構築や変容にはたす役割について研究を進めています。

.

安田 忠典 准教授

安田 忠典准教授

研究分野

身体文化論

担当科目

野外活動特別演習

研究内容

機械化、情報化、都市化が進み、多くの人々が人工的な環境の下で生涯を送るという現実の中で、バランスのとれた自然観や身体観、ひいては世界観を育むことをテーマに、野外での「遊び」を体験教育や環境教育に組み込む方法を研究・実践しています。

.

ユーモア学プログラム

はスポーツと健康コースに、は福祉と健康コースに属しています。

森下 伸也 教授

森下 伸也教授

研究分野

社会学、ユーモア学

担当科目

ユーモア学入門、笑いの文明史

研究内容

笑いのことなら何でもござれ!ユーモア学のオールラウンドプレーヤーにして日本笑い学会会長。とりわけ得意は笑いの哲学、笑いの宗教社会学。著書に『もっと笑うためのユーモア学入門』、『ユーモアの社会学』など。

浦 和男

浦 和男准教授

研究分野

比較文学、民俗文化論

担当科目

笑いの民俗学、笑いの文学

研究内容

日本人にとって笑い、ユーモアとは何かについて、明治時代から戦後にかけて文字で書かれた資料の分析と、伝統的な祭りで笑いを呼び起こす芸能、踊りなどの身体表現の分析から研究し、現代社会での生活の在り方を考えています。

森田 亜矢子 助教

森田 亜矢子助教

研究分野

人間科学(人間行動学)

担当科目

21世紀の人間支援

研究内容

笑いとユーモアに関する心理学的研究を行っています。研究手法は主に質問紙調査と実験です。研究のキーワードは、ユーモアセンス、パーソナリティ、発達、ストレスマネージメント、精神的健康です。

.

福祉と健康コース

岡田 忠克 教授

岡田 忠克教授

研究分野

社会福祉政策

担当科目

社会福祉政策
福祉行政と福祉計画

研究内容

福祉国家の形成過程におけるイギリスと日本の地方自治体の福祉行政及び運営管理に焦点をあてた国際比較研究を行っています。

黒田 研二 教授

黒田 研二教授

研究分野

高齢者福祉、保健医療、福祉システム、公衆衛生学

担当科目

精神保健福祉論、高齢者福祉論、医療福祉論

研究内容

精神医学と公衆衛生を専攻し、今は高齢者福祉を中心に、援助レベルの研究から政策の国際比較までを手がけています。とくに権利擁護の観点から、支援の質の評価、虐待防止方策などに取り組んでいます。社会福祉は、健康・幸福という価値を指向する実践です。研究としての客観性を追究しつつ、実践に関わる仕事をしています。

所 めぐみ 准教授

所 めぐみ教授

研究分野

地域福祉論、ソーシャルワーク、福祉教育

担当科目

地域福祉論、相談援助実習

研究内容

人はひとりでは生きていけません。一人ひとりを尊重しながら、ともに支えあって生きていける社会づくり、特に私たちの暮らしに身近な地域社会に焦点をあてた地域福祉実践の方法論についての研究にとりくんでいます。

.

狭間 香代子 教授

狭間 香代子教授

研究分野

ソーシャルワーク

担当科目

ソーシャルワーク、相談援助演習

研究内容

専門領域は社会福祉分野で体系化された支援方法論であるソーシャルワークです。特に、1980年代後半からアメリカのソーシャルワーク実践において台頭してきた「ストレングス視点」を中心にして研究を続けています。

山縣 文治 教授

山縣 文治教授

研究分野

子ども家庭福祉

担当科目

子ども家庭福祉論、社会福祉概論

研究内容

大学を卒業後、児童養護施設の指導員をしていたことがあります。そこで、何らかの理由で、家族や親族と一緒に生活できない子どもたちの、退所に向けて、あるいは退所後の支援に興味をもちました。これをきっかけに、現在では、子ども虐待、リービングケア、地域子育て支援などの仕事をしています。

西川 知亨 准教授

西川 知亨准教授

研究分野

社会病理学、社会的相互作用論

担当科目

社会福祉調査法、公的扶助論

研究内容

社会の様々な現象や問題を質的・量的に把握し、対策を考える社会病理学の観点から、貧困などの社会問題へアプローチしています。フィールドワークなどの社会調査を行うと同時に、社会学の理論を大切にして、その活用を試みています。

.

福田 公教 准教授

福田 公教准教授

研究分野

社会福祉学、子ども家庭福祉論

担当科目

家族福祉論、当事者福祉論、国際健康福祉実習

研究内容

社会福祉分野における子ども家庭福祉領域の研究をしています。子育て支援、社会的養護のあり方、児童相談システムなどがキーワードです。近年ではカナダやインドネシアの子ども支援団体と連携し、国際的な視野に立った子ども家庭福祉のあり方を考えています。

.
.
教員紹介

お問い合わせ

人間健康学部の内容は・・・

堺事務局 堺キャンパス事務室

〒590-8515
大阪府堺市堺区香ヶ丘町1丁11番1号
Tel.072-229-5022

お問い合わせフォーム

入試に関しては・・・

このページの先頭へ

.