KANSAI UNIVERSITY

研究科概要

HOME > 研究科概要トップ

研究科概要

沿革

2010年4月に設置した人間健康学部では、開設以来、在学生に対して専門的教育を行う一方で、堺市民に対して健康で豊かな生活を享受できるよう、各種の支援・連携事業を展開し、積極的な地域貢献を行ってきました。その実践を踏まえて、2014年4月に人間健康研究科(修士課程)を設置。人間の健康(health)と健幸(well-being)に寄与する高度専門職業人を養成し、同分野の研究者のための基礎教育を展開してきました。

人間健康学部と人間健康研究科は、これまでの大学と地域の関係のあり方とは異なる、地域貢献型の学部・研究科として設置しており、堺市や周辺自治体との密接な連携のもとに、専門教育ならびに各種の支援・連携事業を展開する新たな大学のあり方を提案し、実績を上げてきました。

さらに、2016年4月に博士課程後期課程を新たに開設。本学部と修士課程(2016年4月から「博士課程前期課程」に変更)の地域貢献の実践を踏まえて、実践的で地域貢献型の性格を有しながら、これまでの学部の教育目的を継承しつつ、より高度な研究教育を行うことを目的としています。

.

研究科概要

少子高齢化が進むわが国においては、医療・介護や社会福祉に関する深刻な課題が山積しており、国や行政だけで解決することが難しくなっています。私たちが健康で幸せな生活を送るためには、これまでの「国や行政にしてもらう」受動的な意識から、「自己で健康を管理する」能動的な姿勢に転換し、さらには「地域社会で健康づくりに取り組む」創造的な生活の営みへとパラダイムシフトをする必要があるといえるでしょう。予防的対応として運動・健康スポーツを取り込んだ生活文化の振興、科学的根拠に基づく健康増進事業の発展、幸福を共有できる地域コミュニティの構築などは、これからの日本が社会全体で取り組むべき課題となっています。

こうした時代の要請に応える形で、2014年4月、人間健康研究科は誕生しました。身体活動や運動の普及と健康スポーツを促進する研究者や、幸福の形を構想できる地域福祉の研究者の育成、そして、同時にそうした研究成果を地域社会で実行できる高度専門職業人の養成を通じて、現代社会が直面する課題に正面から取り組み、解決へと導くことをめざします。

研究科の特色

人間健康研究科の特色は、既存の体育・スポーツ系研究機関が主な目的としてきたスポーツの競技力向上だけでなく、身体活動や運動とスポーツを通じて人間の健康や幸福の促進を重視するところにあります。さらに地域福祉の活動にも貢献することを追求します。これは2002年に制定された「健康増進法」、2011年に制定された「スポーツ基本法」の理念とも通じており、ヘルスプロモーションとスポーツプロモーションの2つの観点から健康で幸せなくらしについて考えていきます。

.

カリキュラムの特徴

@
学際的かつ実践的な教育・研究を行うことを目的としたカリキュラム。
専任教員のオムニバス形式及び複数教員によって実施する講義科目の設定や、柔軟な配置を行う指導教員体制の構築によって、学生の専門性や研究力を育成します。
A
研究テーマに応じて実験や地域社会での実習活動を推奨。
博士課程前期課程における実習科目「地域連携課題実習T〜V」や、博士課程後期課程における3つの特殊講義と関連した「課題解決プロジェクト型インターンシップ」等、実践的な活動に研究者としての立場から寄与する経験を積むことが可能です。
.

また、もう一つの特色はキャンパスがある堺市と密な連携を行うところにあります。2010年4月、大阪府堺市に誕生した人間健康学部は、開設以来、堺市民と健康で豊かな生活を共有するためにさまざまな支援・連携事業を展開し、積極的な地域貢献活動を行ってきました。人間健康研究科においても、堺市との種々の地域連携事業において著しい成果を挙げてきたこれまでの実績を土台として、修士課程の実習科目「地域連携課題実習」や博士課程後期課程の「課題解決プロジェクト型インターンシップ」等において、緊密な連携を図っていきます。

堺市との主な地域連携事業

研究の方向性

スポーツや身体活動を健康に結びつける研究
スポーツにおける運動の質についての研究
身体活動や運動とスポーツを文化として捉え、育むための研究
健康づくり、地域福祉、地域包括ケアの推進に関する研究

想定される修了後の進路

各紙過程前期課程終了後の進路

国あるいは地方自治体、公共機関における市民の健康づくりやスポーツ推進の企画・立案のアドバイザー、専修免許状を取得し、指導的な立場につく力を持つ保健体育科教員に加えて、総合型地域スポーツクラブの活動のコンサルタントなど
健康スポーツ科学領域を中心とした大学教員、地域福祉の視点をもって健康増進を考える研究者、健康・スポーツ関連企業や団体の研究者など

博士課程後期課程終了後の進路

高等教育機関や高等研究機関、ならびに民間企業の研究機関において、学際的な広い視野と高度な専門研究能力を発揮し、スポーツプロモーションとヘルスプロモーションを時代のニーズに応じた形で実現できる研究者など
教育や福祉の現場において、国や地方の行政組織(教育文化、体育スポーツ、社会福祉、地域振興などに係わる部局)において、また健康スポーツや福祉に係わる団体やNPO・NGOにおいて、各部門の長として事業を推進できる、博士の学位を有する高度専門職業人など
.
研究科概要

お問い合わせ

人間健康学部の内容は・・・

堺事務局 堺キャンパス事務室

〒590-8515
大阪府堺市堺区香ヶ丘町1丁11番1号
Tel.072-229-5022

お問い合わせフォーム

入試に関しては・・・

このページの先頭へ

.