教員紹介

公共経済専修

  • 座主 祥伸

    担当科目
    経済と法
    担当科目の内容
    法制度は人々の考動に影響を与え、経済的パフォーマンスや社会状態の結果を左右します。「経済と法」では、経済学と法学の学際的な研究として発展してきた「法と経済学」についての理解を深めます。法と経済学は、さまざまな法制度と法に関わる現象の分析に主にミクロ経済学を使って考察する分野です。法制度を経済学的に考える分野だと言えます。講義では基本的な経済学 の考え方・道具を使って、金利の上限規制とヤミ金、財・サービスの(非)合法化、損害賠償ルールの評価、効率的な契約違反などのトピックについて考察します。
    演習のテーマ
    法の経済分析、経済学で社会を良くする方法を考える
    研究内容
    広く法に関わる経済学的考察に関心をもっています。ここ数年は、法学者と共同で企業の資金調達の文脈で日米の法制度の違いを考慮した担保制度の経済学的分析を行っています。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    経済学は本当におもしろい!私が大学3年時に専攻を法学から経済学へ転向してからの感想です。ただ、そのおもしろさを分かるためには、ほんの少しの忍耐が必要です。単に学問としておもしろいだけではなく、経済学はあなたが将来どのような職業に就こうとも役に立つ現代のリテラシーでもあります。「社会の仕組み」や「人の行動」に関心がある人は、経済学の門を叩いてはいかが?
  • 佐藤 雅代

    担当科目
    社会保障論
    担当科目の内容
    社会保障制度の現状と改革に向けた課題を理解するために、社会保障の理念・背景を整理し、医療や年金等の各制度及びそれらの制度の総体としての社会保障制度の現状を学ぶ。
    演習のテーマ
    構造改革と社会保障 -現状と課題-
    研究内容
    経済学の知識をベースに、医療・年金・介護といった狭義の社会保障政策に加え、近年は公衆衛生の一大分野である水道事業に関する研究に取り組んでいる。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    大学生であることで得られる多くの機会や出会いを、積極的に楽しんで下さい。その際に知識は邪魔になりませんから、大学を活用しましょう。
  • 新熊 隆嘉

    担当科目
    環境経済学
    担当科目の内容
    おおよそ全ての環境問題は経済活動にその原因があります。したがって、環境問題を解決するためには課税などによって経済活動をコントロールする必要があります。ここに、環境経済学の活躍する場が生まれます。授業では、環境経済学の基礎理論を説明するとともに、それが現実の環境問題の解決にどのように役立っているのかについて具体的な例をあげながら解説をしていきます。
    演習のテーマ
    環境経済学
    研究内容
    廃棄物処理・リサイクル制度の経済分析をここ10年くらいおこなっています。この問題を通して、日本のリサイクル制度のあり方がアジア諸国の環境にも影響を及ぼしている実態を知るにつれ、今後はアジアの環境問題を研究テーマとしたいと考えるようになりました。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    かつて社会科学のクイーンと呼ばれた経済学の人気が低迷していますが、今でも経済学が社会科学の女王であることに変わりはありません。経済学を学ぶ一つの利点は、論理的思考を磨くことができることです。たとえば同じ身体能力を持つスポーツ選手であれば、論理的思考の優れた選手の方がよい成績をあげます。営業マンについても同じことがいえます。その理由は、論理的思考が優れているということは、それだけ問題解決能力に優れているからなのです。また、数学と違って、身近な問題を考えることができる点も経済学を学ぶ利点です。つまり、身近な問題について考えながら論理的思考を鍛える、これが経済学を学ぶ強みです。学生のみなさんには、経済学は難しくて役に立たないなどと短期的な見方をするのではなく、もっと長い目で経済学と向き合って欲しいものですね。
  • 橋本 恭之

    担当科目
    財政学
    担当科目の内容
    税制の現状と課題、財政政策の有効性
    演習のテーマ
    地方財政の諸問題
    研究内容
    ふるさと納税制度と返礼品規制、ふるさと納税制度と国・地方の財政
    受験生/学部生への
    メッセージ
    演習では、地方創生、ふるさと納税、訪日外国人誘致などのトピックスを扱います。
  • 林 宏昭

    担当科目
    財政学、地方財政論
    担当科目の内容
    日本中で議論が活発化している「地方分権」をキーワードにしながら、地方財政改革の方向性について受講生とともに検討する。
    演習のテーマ
    現代財政の諸問題
    研究内容
    地方分権、税制改革など現在の財政が抱える課題を中心的な研究テーマとしている。財政・税制に関する実証的な分析に基づいて、具体的な政策の方向性を探り出したいと考えている。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    学生には、学生でなければできないことがたくさんあります。4年間を通じて、学生でなければできないことを一つでも多く経験してください。
  • 前川 聡子

    担当科目
    財政学・公共経済学
    担当科目の内容
    課税、政府支出、規制等といった政府の活動を取り上げ、それらが経済にどのような影響をもたらすのか、望ましい政府の活動とはどうあるべきか、について理論的に明らかにする。
    演習のテーマ
    日本における経済・財政政策の現状と課題
    研究内容
    日本における経済財政政策の効果・影響について統計的手法を用いて分析する。さらに、分析結果をふまえながら現行制度・政策の問題点を明らかにし、より良い制度・政策に向けて何を改善する必要があるのかを考察する。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    長いようであっという間に過ぎるのが大学生活です。周りに流されず、自分なりの目標を持って、真剣に遊び、かつ学んで下さい。何か1つでも大学時代に打ち込んだものがあれば、それはきっと皆さんにとっての「宝物」になるはずです。
  • 松下 敬一郎

    担当科目
    人口学
    担当科目の内容
    人口学の授業では、人口指標の計算方法ならぴに数理的なモデル、人口現象に関する理論的・実証的な分析を紹介している。
    演習のテーマ
    人口経済学、人口政策、経済理論の応用と実証
    研究内容
    個人の生涯、家族の形成、人口の動態について経済学の研究領域を拡大すること。とくに、世帯構成の変化について経済学の視点から理論分析を行い、人口学および統計学の手法を用いて実証すること。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    みなさんが経験する数多くの出会いの中でも人生を決定するような1コマが関西大学経済学部とのかかわりから生まれることを期待しています。
  • 本西 泰三

    担当科目
    経済政策
    担当科目の内容
    経済政策全般の話題を幅広く紹介して、政府と市場に関する理解を深める。授業ではほぼ毎回新聞記事を用いる。経済政策が縁遠い存在ではなく、自分にも直接、間接に利害関係がある問題であることを理解してもらいたい。
    演習のテーマ
    地方自治体の経済政策
    研究内容
    日本の経済政策課題に関連して、消費者・生活者・意思決定に着目した計量分析を行う。
    受験生/学部生への
    メッセージ
    経済政策を理解できるようになると、社会の仕組みの見通しが大変良くなります。その知的興奮を是非一緒に味わって下さい。
Page Top