KANSAI UNIVERSITY

TOP 就職・進路 OB・OGからのメッセージ

就職・進路

OB・OGからのメッセージ

梶 絵里子さん

東京海上日動火災保険株式会社

梶 絵里子さん

2014年3月卒業

事故や自然災害など予想外のアクシデントが起こった時に、元の 幸せな生活に戻すお手伝いをするのが、私たち損害保険会社の役 割です。私は営業課に所属して、保険商品を直接お客様に提供し てくれている代理店さんからの照会にお答えしたり、新しい商品や サービスがスタートする際には、それを組織として推進していくために はどうすれば良いのか考え、行動しています。目に見えない商品を売 る私たち保険会社は「信用・信頼」が全てです。代理店さんやお客 様からの照会に真摯に向き合い、スピーディに対応することを心掛 けていると、問題が解決した際には最高の『ありがとう』を頂けること が何よりのやりがいとなっています。

環境経済学のゼミで、「自ら考え、疑問を追究する力」、「想いを自 分の言葉で伝える力」を学びました。例えば、なぜ原子力発電は批 判されるのか?それなのになぜ昔は素晴らしいエネルギー源として推 進されていたのか?といった疑問に対して、答えが出るまで徹底的に 調べ、仲間と意見を交換し、また調べる。そして出た答えを自分の言 葉でまわりに伝える。その様な過程を重ねることで、おのずと鍛えら れたように感じます。現在の仕事では、代理店さんへの勉強会や社 内のプレゼンなどを通じて人前でお話をさせて頂く機会が大変多く、 在学中に培ったこうした力が大変役立っていると実感しています。

森本 宙さん

大成建設株式会社

森本 宙さん

2014年3月卒業

『地図に残る仕事』この言葉は当社のキャッチコピーなのですが、 まさに、国を象徴する建築物を建てたり、人々の暮らしを豊かにする 土木工事を行うことで、社会貢献を肌で感じること。また、『地図に 残る仕事』を手掛けられるところがこの仕事の魅力です。現在は、営 業推進本部企画推進部マーケティング室に配属されており、主に 市場分析や他社との比較を行っています。会社の将来を左右する 情報に携わることができるので、とてもやりがいがあります。また、他 部署の方々と協力していくつかのプロジェクトを行っているのです が、会議で分析したことをプレゼンしたり、他部署の方々とやりとりを する際に、在学中の経験が生きていると感じます。

ゼミは良永ゼミに所属し、経済学の観点も絡めながら、環境問題 の解決策を提案するという内容で、積極的にプレゼン大会に参加 しました。先生の『とにかく恥をかけ』という指導のもと、「失敗を恐 れず何事にも挑戦する姿勢」や自分で考えて物事を解決する「思 考力」、そして「プレゼン力」を養うことができました。また、経済学部 自治会(学園祭実行委員会)に所属して、企画運営に注力してきま した。この経験から、周囲を巻き込んで物事を進めていく「コミュニ ケーション力」や「思考力」を身につけることができました。大学生 活においては何事にも積極的に挑戦して、自分の可能性を広げる ことをおすすめします。

小寺 咲輝さん

ANAホールディングス株式会社

小寺 咲輝さん

2013年3月卒業

ANAの客室乗務員(CA)として、国内線、国際線に乗務していま す。お客様を安全に目的地までお届けするという使命のもと、CAは客 室の安全を守る保安要員として、大きな役割を担っています。客室全 体の安全に気を配るだけでなく、例えば体調不良のお客様がいない かなど、常に一人ひとりのお客様の様子を意識しながら乗務していま す。この保安要員としての仕事とともに、お客様それぞれが思い描く 快適な空の旅を提供できるように、あらゆる角度からのサービスを心が けています。2020年の東京オリンピックに向けて、世界のリーディン グエアラインの一員として、日本のおもてなしの心をより多くのお客様 に感じていただけるよう、接遇スキルを磨いていこうと思います。

ゼミでは大阪都構想について研究を行い、学内のプレゼン大会 に出場しました。グループでディスカッションを重ね、自分たちの考え を発表した経験は、社会に出てからも役立っています。現在の仕事 においても、常に一人ではなくクルー全員で協力してフライトを作って いるという点で、ゼミ活動に通じるところがあります。卒業論文は「日 本の航空業界について」というテーマで作成。就職先について深く 研究することで、モチベーションが高まりました。また在学中は、 ニュージーランドを毎年訪問し、語学力の向上に努めていました。学 生時代から海外の人たちと積極的に交流したことは、海外のお客様 に接することが多い現在の仕事にとても役立っています。

学部案内2016より