新着情報詳細

関西大学客員教授 永久 寿夫 氏による講演会を開催しました

2015/12/03

経済学部主催の客員教授 永久 寿夫氏(PHP研究所専務取締役)による講演会「政治参加の意義を考える-18歳選挙権時代に望んで-」を12月3日(木)13時00分~14時30分、第2学舎1号館B401教室で開催しました。

講演では、選挙権を18歳からに変更することになったのかから始まり、18際からの選挙権に合理性はないが、選挙権は簡単に与えられるものではないことを各国の選挙権の歴史を紹介して説明がありました。

「選挙に行っても変わらないのか」という問題についても説明があり、政治参加の意義については、「主権者であることは面倒なことですがただ安穏としていては私たちは現在の豊かさや平安を失ってしまうでしょう」という言葉がありました。

新着情報一覧

Page Top