新着情報詳細

関西大学経済学部主催のGoLDプログラム(台湾)を実施中です!

2017/12/19

  関西大学経済学部主催の短期留学プログラムである、GoLD(Global Leadership Development)プログラムの、台湾(高雄第一科技大学・台湾大学・政治大学)プログラムが2017年12月17日(日)から始まりました。

  20名のプログラム参加学生と引率者の北川亘太・北波道子が、関西国際空港から桃園国際空港に到着しました。

  桃園国際空港到着後、関西大学台湾OB会に参加しました。台湾OB会の李銘坤会長は、「学生のうちに外国に積極的に出ていき、自分とは違う文化・価値観と触れ合う面白さを知ってほしい」と信念のこもったメッセージを学生に送りました。

  学生たちは、関西大学のOB・OGから、台湾の生活について実感のこもった話を聴けたのはもちろんのこと、多様な分野で活躍されている方々から仕事の話を直接聴いたことで強い刺激を受けたようです。目上の人と話をする場は「かしこまった」雰囲気になることが多いですが、台湾OB会では、学生たちは、たくさんのお兄さん・お姉さんに囲まれているような温かい雰囲気を感じ取り、OB・OGの経験に裏打ちされた深い話を積極的に引き出していました。

image image

  12月18日(月)には、台湾大学にて日台学生交流会議の学生との交流会を同会議の王劭宇代表と本プログラムの参加学生とで企画・実施しました。「台湾のお正月・日本のお正月」についてのプレゼンテーションという身近なテーマから入ったあと、グループごとに分かれたディスカッションでは、料理に込められた意味、正月の家族(例えば妻)の振る舞いの違い、お正月の伝統的な過ごし方から現代的な過ごし方への変化など、両国の家族文化の違いや両国にある程度共通してみられる文化や経済の変化について、考察を深めていきました。

 

 

 

 

image image  

image image

  日台学生交流会議との交流したあと、九份を散策しました。あいにくの悪天候でしたが、提灯がともったノスタルジックな雰囲気を堪能しました。

image

  本プログラムは23日(土)まで続きます。台北、新竹、高雄でさまざまな交流を実施します。

記事・写真提供 : 経済学部 北川 亘太 助教

新着情報一覧

Page Top