新着情報詳細

【申し込みは5月16日まで】経済学部GoLDプログラム(タイ・パンヤピワット経営大学(PIM))説明会を開催しました

2016/04/25

経済学部ではGoLDプログラム説明会を4月25日(月)12:20~12:50に行いました。
西村雄志教授が第2学舎2号館3階C302でタイのパンヤピワット経営大学(PIM)でのプログラムについて説明しました。
7月31日(日)~8月9日(火)が実施予定期間です。
申込期間は5月16日(月)までです。
なお、説明会に参加していない学生でも申し込むことはできますので、教務センターまでお気軽にお尋ねください。

【経済学部GoLDプログラム(タイ・パンヤピワット経営大学(PIM))】とは、

経済学部では、グローバル化時代に世界で羽ばたく力を身につけるためにタイに10日間滞在します。東南アジアは、21世紀の現在、世界経済の成長において主要な役割を担っており、そのなかでもタイは、日本経済と密接な関係にあります。このプログラムは経済 学部が主催する独自のプログラムで、プログラムを修了すれば卒業所要単位のうち専門教育科目(2単位)として認定されます。

【特 徴】
・講義では、タイの経済や政治、タイ語やタイ文化に至るまで様々な講義が行われます。講義はすべて英語で行われ、各講義の後に参加者で講義内容等を互いに確認し合う場を設ける予定にしております。
・講義の他には、タイの企業やタイに進出している日系企業に直接訪問し、現在のタイ経済ひいては東南アジア経済の現状を自らの目で学ぶことも予定しております。
・エクスカーションとしては、アユタヤはじめタイの幾つかの遺跡を訪れ、歴史や文化に触れる機会も予定しております。タイの人々のことを深く理解するため、歴史や文化についても積極的に関心を寄せてもらえればと思います。

新着情報一覧

Page Top