大学院概要

論文等審査規準

修士論文

修士論文を評価する際には、次の点を考慮して総合的に審査を行う。

  1. (1)研究テーマが明確であり、学問的意義が意識されているか
  2. (2)テーマに基づいて、適切な問題を設定し、一貫した論理展開がされているか
  3. (3)研究目的にふさわしい分析手法が用いられ、資料やデータの解釈は適切か
  4. (4)先行研究や関連した研究を十分に調査し、考察されているか
  5. (5)研究テーマの分析内容、結論において、独自の知見などが加えられているか

特定の課題についての研究成果報告書

特定の課題についての研究成果報告書を評価する際には、次の点を考慮して総合的に審査を行う。

  1. (1)課題が明確であり、問題関心が認められるか
  2. (2)課題に基づいて、適切な問題を設定し、一貫した論理展開がされているか
  3. (3)研究目的にふさわしい調査又は分析手法が用いられ、資料やデータの解釈は適切か
  4. (4)先行研究や関連した研究を十分に調査し、考察されているか
  5. (5)課題の分析内容、結論において、独自の知見などが加えられているか

博士論文

博士論文を評価する際には、次の点を考慮して総合的に審査を行う。

  1. (1)研究テーマが明確であり、学問的意義が認められるか
  2. (2)テーマに基づいて、適切な問題を設定し、一貫した論理展開がされているか
  3. (3)研究目的にふさわしい分析手法が用いられ、資料やデータの解釈は適切かつ厳密か
  4. (4)先行研究や関連した研究を十分に調査し、的確に考察されているか
  5. (5)研究テーマの分析内容、結論において、独自の知見など独創的な観点があり、学術的に高い価値を有するか
Page Top