大学院概要

研究科案内

沿革

関西大学の前身、関西法律学校が1886年に商都大阪に誕生したとき、最初に講義された科目は経済学であった。文部省の認可を得て経済学科が誕生したのは1904年、その第1期生は80名であった。以来、幾万の有為の人材を世に送り出し、2004年に経済学部創設100周年を迎えた。
新制の大学院制度が発足した1950年、法学研究科と文学研究科の修士課程と時を同じくして、経済学研究科の修士課程が設置された。この年、本学としては戦後最初の新学舎として大学院棟が建設された。それから50年を経て、2000年秋に7階建ての新大学院棟(尚文館)が竣工した。
1953年には、法学研究科と文学研究科の博士課程の設置と軌を一にして、経済学研究科にも博士課程が設置された。1963年に博士課程の専攻の名称が金融経済・経済史専攻から経済学専攻に拡充・変更され、今日に至っている。現在では本学経済学部に所属する教授、准教授の多くが大学院の講義を担当しており、大学院学生(以下、院生)の多様な研究関心に対応できるようになっている。博士課程前期課程に高度専門職業人の養成を目的としたプロジェクトコースと研究者の養成を目的としたアカデミックコースをおいていることも、時代のニーズに即して、院生の多様な関心にこたえようとするものである。社会人への配慮として、講義・演習の一部を夜間および土曜日に開講することにしたのも時代のニーズにこたえる改革の一つである。
2006年度より、一定の条件を満たすことを前提に学部4年で学士号を取得したうえで、大学院(博士課程前期課程)1年で修士号を取得できる「5年一貫教育プログラム」を導入した。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

こちらをご覧ください。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

こちらをご覧ください。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

定員と入学試験

経済学研究科の入学定員は、前期課程45名、後期課程5名となっている。近年は、学部だけでなく大学院の入学試験も多様化しており、経済学研究科においても、一般入試のほかに、前期課程では、学内進学試験、経済学部・経済学研究科5年一貫教育プログラム入学試験、社会人入学試験、外国人留学生入学試験などが行われている。一般入試は10月募集と2月募集がある。外国人留学生入学試験は後期課程においても実施されている。科目等履修生および外国人のために外国人研究生の制度も設けられている。

カリキュラムの特色

  1. 経済学研究科・経済学専攻前期課程に「プロジェクトコース」と「アカデミックコース」の二つのコースを設け、多様な実務的・学問的関心をもつ院生の主体的な学習・研究活動を多面的に指導・支援することに主眼をおいてカリキュラムを編成している。
  2. プロジェクトコースは、博士課程前期課程の2年間で、経済学の高度の専門的知識を修得することを目的にしている。
  3. アカデミックコースは、博士課程前期課程および後期課程を通して、経済学の専門分野について研究者として自立することを目的としている。
  4. 経済学の理論的基礎の理解を容易にするために、必修の基礎科目として、留学生と社会人を対象とする「基礎研究」I・IIの講義を置いている。
  5. すべての演習科目において指導教員制をとって、フェイス・ツウ・フェイスの教育研究指導ができるようにするとともに、多くの講義科目において学外講師を含む、すぐれた研究者および実務家が院生の指導に当たれるようにしている。
Page Top