学部概要

国際的視点から学ぶ

先端をゆく「世界」の理論を用いて、「地域」の経済活動に焦点を当てる。

経済学部経済学科 4年次生今井 雄太 今井 雄太さん
新たな産業創生のカギとなる、地域独自の魅力を探りました。

中学生の時、身近にいた経営者の姿に憧れ、自分もいつか起業をしたいと思うように。ビジネスを広い視点から学ぼうと、経済学部への進学を決めました。

学部の授業に力を入れはじめたのは2年次の頃です。研究について熱く語る国際経済の先生や先輩方に感銘を受けたことが、ゼミ選択の決め手でした。

ゼミでは、過疎化が進む鹿児島県曽於市に経済の面から提言を行うプロジェクトに取り組みました。第一次産業が中心である九州南部の市場の中で、目立った産業の少ない曽於市が生き残るための解決策を模索。過疎地域存続のためには、新たな雇用を創出して人口の流出を防ぐ必要があります。そのためには地域独自の産業を生み出して企業の競争力を高めなければならないと考え、メンバーとともに曽於市ならではの強みを探しました。考え方の基本となったのはすべて海外の論文です。最新の経済理論を用いることが重要だという先生からのご指導が理由です。議論の末、曽於市の強みは人と人とのつながりである、という仮説を導き出しました。

仮説を検証するために現地に赴き、住民アンケートを実施しました。人口や地理的条件の異なる、吹田市と猪名川町も同様に調査し、曽於市と比較しました。その結果、曽於市は他地域に比べて住民同士の信頼関係を表すソーシャルキャピタルが高いことが分かりました。ソーシャルキャピタルが高い地域は、新しい市場が拡大しやすい傾向があります。曽於市の行政機関や企業に対しての政策提言では、そうした特徴を生かした第一次産業を生み出すべきだと提言しました。曽於市の市場の競争力について学んだ経験を生かし、卒業論文では日本企業の国際競争力低下の原因に迫りたいと考えています。

また、ゼミ活動を通して得た経験はさまざまな場面で役に立っています。例えば、就職活動でのディスカッションです。ゼミのメンバーたちとともに話し合い、プレゼンテーションするなかで培った、人に分かりやすく物事を伝える能力は、議論をスムーズに進める助けになりました。そして、先生や先輩方をはじめとする魅力的な方々との交流も貴重な財産です。ビジネスに対する視野を広げるきっかけをつくってくださいました。今後は、人材やコンサルティング業界に進みたいと思っています。経済学部での経験をもとにいち早く実力をつけ、少しずつ起業という夢に近づいていきたいです。

KEYWORD
ソーシャルキャピタル

日本語で「社会関係資本」。人と人とのつながりを表す概念です。ソーシャルキャピタルが高い地域ほど住民間で情報が広く共有されやすく、ビジネスが広がりやすいという特徴があります。さらに、住民同士の信頼関係を生かした、新たなビジネスの創生が可能です。曽於市で行われている、庭先養鶏事業もその一つ。養鶏業務を地域住民に委託し、民家の庭先で鶏を飼育し高品質な卵を生産するというビジネスモデルは、ソーシャルキャピタルが高い地域でなければ成り立ちません。

私を伸ばす3つの講義
  • 経済調査実習(タイ)

    タイの大学で経済の授業を受けたり、現地の企業を見学したりします。語学力や経済学の知識、プレゼンテーション能力の不足を実感。大学生活における勉学の重要性に気づかされた授業でした。

  • 経済学特別演習(国際化プログラム発展)

    留学生を含む5人程度のチームで、与えられた課題の解決策を考えます。「海外直接投資」という馴染みの薄い課題を英語で議論することに難しさを感じながらも、チームプレイの重要性に気づけました。

  • 経済学特殊講義1(Contemporary Global Issues)

    グローバル社会の抱える今日的な課題について、複数の教授が英語で講義します。専門分野に特化した教授陣は大学の外にも活躍の場を持っており、一つの講義で何倍も楽しむことができました。

Page Top