学部概要

坂根 宏一ゼミ(ミクロ経済分析(一般均衡理論とその周辺))

経済学と数学の切ってもきれない関係

ゼミのテーマ

一番メインの活動として三回生春学期にゼミ生一人一人がミクロ経済学の好きなテーマに取り組み、一般均衡分析、資源配分、ゲーム理論等学部で触れる機会の少ない分野にも挑戦しました。三回生の秋学期は来る卒業論文に備えミクロ経済学の復習とプレゼンテーション能力を高めることを目的に共通の教科書を使い順番にレジュメを担当しています。

ゼミの特徴

文系と思われがちな経済学部ですがこのゼミに来ると経済学が数学的要素を豊富に含む学問であることに改めて気付かされます。何故なら先生は数理経済学が専門。ゼミ生の発表にプラスαで説明をして下さるときは言葉で、というより数字を使っての説明が主となります。

ゼミの雰囲気

発表は常に一人で準備しなければならないのでプレゼンテーションのときは緊張感が漂いますが授業の終わりは先生を中心に雑談の時間を設けているので様々な会話で和んで終わり、というメリハリのあるゼミです。

坂根ゼミらしいトピック

三回生になり就職活動ムードが濃くなると毎回ゼミの始めにゼミ生の就活状況について意見を交わす時間が設けられます。友達の話を聞いてお互いの進路意識を高めあっています。

先生紹介

ゼミ生のプレゼンテーション中、疑問があると先生はどんな些細なことでも説明を求めます。何故、何故という先生の飽くなき追及にゼミ生がたじろぐこともしばしば。けれども先生の研究分野に話が及ぶと俄然生き生きと講義を展開してくださる学問を愛してやまない坂根先生です。

ゼミ生 早坂舞香

一覧へ戻る

Page Top