学部概要

樫原 正澄ゼミ(産業・企業経済専修/農業経済学)

あすの食と農のあり方を考える

研究テーマ

現在、日本ではTPP問題や、原発事故による放射能汚染農産物問題など、農業経済学に係わる問題は多い。そのなかで自分たちが興味を持ったことについて、自由に研究をしている。

ゼミの特徴

ゼミ生各自が研究テーマに基づいた文献を読み、理解を深め、発表することによって、知識の共有を図るとともに、圃場において農業体験をして、より深い知識を身につけることができる。

ゼミの雰囲気

勉強をする時はきっちりとやり、遊ぶ時はトコトン遊ぶ。メリハリのあるゼミ。ゼミ生同士は仲良しで、先生とも割と仲が良い。農作物を自分たちで栽培し、それをBBQをしたりする。

樫原ゼミらしいトピックス

樫原ゼミでは、実際に稲刈りをしたり、トウモロコシを定植したり、教室を飛び出して農業体験ができます。夏には、自分たちで栽培した農作物を使って、バーベキューなどもできます。

先生の紹介

樫原先生は優しくて、なによりも農業の質問にはすべて答えてくれるので、頼もしい先生です。ゼミ生の名前を覚えるのに、少し時間がかかりますが、本当にいい先生です。

一覧へ戻る

Page Top